ページ

2015年4月27日月曜日

春のチームライド。山盛り山登り

26日は本当は大磯クリテの予定だったのだけど、草津道路開通の報を聞き、昨年も見たあの景色が見たくなった。

そんなことをつぶやいていたら、同じようなことを考える人がいて、しかも、前日に終電で高崎まで行ってそこから夜通し走るなんて変態…もといハードなライドを提案されたので行ってきた。

参加者は ERATEHのクライマー(個人的にはクライマー寄りのオールラウンダーだと思う)しまじろうことzeroさん、主催もこの方。

そしてチームのムードメーカー、さとちゃん、脹脛にキングコブラを飼うまこさん、kanaの四名に、292号からは、最速クライマーであるlumo隊長も参戦。

前日に各々時間より早く集合。僕は少し早めに出たけれど、新大宮バイパスへのアプローチをミスって結局定刻に集合場所の大宮駅へ。

みんなで輪行して、高崎まで。
終電一つ前だったが、そこそこ人が乗っていた。
しばらくすると座席も空いたので仮眠(目を閉じるだけ)して高崎に1:30頃着。

自転車を組んで走る。他にも一人輪行している人がいた。この人、後で白根山で再会する。すごい早いクライマー体型の若いお兄さんだった。

今回は草津道路までの道程もほぼ登り。最初はちょっとキツかったが、みんなのサポートもあり、徐々に脚が回り始めた。遅いけれど。

頭の中でずっと、「おれ、ねこ」の歌を繰り返し、リズムでペダルを回す。歌が途切れそうな時はダンシングする、を最後まで繰り返した。

自分評価として、登れるようになったなという感触はあった。zeroさんにも「脚よく回ってる」とコメントいただく。メテオランチの良さが出たのと、自分がわずかながらパワーアップしてるのか、細かいことはよくわからないが、昨年のコースよりキツイのに、タイムは縮んでるわけだから、昨年の自分よりは強かった様子。

草津道路に開通時間ぴったりの8時に到着し、淡々と登っていく。さとちゃんは腰痛のため草津温泉のセブンで離脱。

みんな早いのでドンドン登ってはビューポイントで撮影していたりする。僕は遅いので休まずに回す。
抜いて抜かれて抜いて抜かれてを繰り返しながら、絶景ポイントで一度休む。

天気も良く、景色も最高だ。森林限界を越えて、空に手が届きそうな高さを感じる。都民の森といい白根山といい、自然の多いところは、やっぱり何かのパワーをもらえるような気がする。

白根山のレストハウスは残念ながらやっていなかった&停車厳禁のため通過し、渋峠、雪の壁にアプローチする。
と言ってもここまで登ってきた距離に比べるとかなり短いし、惰性でダラダラ登る。

先週の風張峠のパワーアップ版みたいなもんだ。

そして今年も雪の壁に到達し、zeroさんに壁ドンし、周りの微妙な空気を味わい、もう少し登って国道最高地点で記念撮影。

折り返して下る。絶景の中下るダウンヒルは気持ちよかったけれど、ブラインドコーナーも多く、バイクや車も多いので、怖かった。
スピード出ての転倒は危険なので、慎重に下るようにしよう、と思いを新たにした。競っているわけではないし。

下りきった草津温泉のセブンイレブンで休憩し、ここからのルートを相談。予定では軽井沢に向かってもうひと山登る予定だったが、疲労や時間を考慮して、長野原草津口へ下って帰ることにした。

292ではなく、急勾配で道の荒れた下りを延々下っていった。早かったけど、かなり道が悪く、スピードもかなり出て危なかった。もう少しペースを落として下らないと危険だな…。

長野原草津口で輪行し、特急草津で赤羽まで一本。
自転車を組んで自走で帰った。

わずかでも自分の成長を感じたり、好天の中走ったり、実りの多いライドだったと思う。

それから、チェーンルブをワコーズのリキッド「パワー」に変えてみたら、かなりウェットなタッチなのに、滑らかで、回転はスムーズ。脚に優しいマイルドなフィーリングだった。かなり高評価。「スピード」も入手したので、色々試してみよう。

つくばまであと4ヶ月ない。走れるだけ走って、積めるだけ積んで、できるだけパフォーマンスの高い状態で、チームをアシストできるように、自分なりに成長していきたい。

主催のzeroさん、参加の皆さん、ありがとうございました。

2015年4月21日火曜日

春の奥多摩から 2015

週末に今年初の都民の森に行ってきた。
5時出発の15時に帰宅するプランで、ルートはいつもの自走都民に、風張峠から奥多摩湖へ下って、奥多摩街道を走って拝島に戻り帰宅するルート。

今回の課題。

ファイナルロー(36-27)封印
なるべく長く走る
上半身をブレさせない(これは最近常に意識してる)
昨年のタイムより速く登る

まあそんな感じ。

春になったのでメテオランチで行こうかなとも思ったけれど、忙しくて整備できてないのでS3で。

武蔵五日市までの都内から立川方面へのアプローチの悪さとか、いろんなものが懐かしい。
そして流石に都内のアプローチは何となく道を覚えた。
たまに夜練で三鷹辺りまでのルートを開拓してたのもあって、ストレスフルな環八あたりは割と余裕。

気がつけば拝島、って感じで順調に進んだ。

いつもの檜原街道手前のセブンイレブンで補給して、登り始める。

昨年に比べて楽が出来ている気がした。体重はそう変わらないはずだけど、パワーが上がってるのかな。
踏めるとこまで踏んで、序盤の緩いアップダウンをクリア。割とアップダウンしてる記憶があったけれど、この日はそんなに苦じゃなかった。

速くはないけれど、少しは登れるようになったのか。
単に昼飯抜くようになって身体から少し余分な脂肪が取れたのか。とにかく、まあそこそこ登れた気がする。

後半、斜度がキツめになってくると流石にペースが落ちるが、そうなるとあと少しだってことも身体が知ってるので、しっかり走り切れた。時々山桜を眺めながら、楽しく登れたと思う。

1年ぶりの登坂で、26秒ほど縮んだらしい。でももっと短縮したい。

あ、途中何箇所か工事中で、片側交互通行のところがあった。

都民の森駐車場で少し休む。売店の人はいつも感じがよくニコニコと出迎えてくれる。

山も木々も景色も空気も、ここにある全てがエネルギーを分けてくれる気がする。
ウインドブレーカーを着て、風張峠まで登っていく。

ぶっちゃけ、駐車場までで頑張り切っちゃって、風張までは距離もないしダラダラ行っちゃうよねw

一応記念写真っぽいものを撮って下る、下りはかなり冷える。

奥多摩湖へ降りて、のんびりと走って帰った。

ルートラボだと180キロあったんだけど、実際は165キロだった。途中のアプローチを変えたからかな。
楽しかったからまた行こう。脚にもいい感じの疲労があったし。

しかしロングはやっぱりメテオランチだなー。