ページ

2015年7月29日水曜日

sfiDARE PASSERO についての考察その二

比較対象はコスカボSLR、レイノルズアサルトSLG、シャマル2way fit。

フレームはサーベロ S3 と、GDR メテオランチの両方で。

荒川河口往復、ホンダエアポートまで往復都民の森(平均斜度3.5%/20キロ強)の上り下りで。

まずはフレームとの相性みたいなところを。
予想はしていたけれど、S3と組み合わせると、固すぎて踏めない。
フレーム、ホイールともガチガチになるので、基本的に踏み続ける必要がある。
ペタリングロスをいかに無くすか、ということが大事になりそう。
平地を走ったけれど、振動吸収性も低い。タイヤがチューブレス(irc X-Guardだけど)でも、かなりの疲労感だった。

反応は良い、と思っていたのだけど、おいしいところを味わう前に疲れる組み合わせだな、というのが僕の第一印象だった。

ただコーナーはすごく安定感がある。シャキッと車体が立つ、というのかな。すごく安心してバイクを倒せる。
ホイールの剛性なんじゃなかろうか。

さて、メテオランチに取り付けての印象。
ランチのしなるフレームによくマッチしてる。
過去にレーシングゼロと組み合わせたときに、似たようなフィーリングを感じたけど、それにさらに軽さがプラスされた感じ。

ランチとの組み合わせでも、基本的には入力し続けるスタイルで回していく必要はあるのだけど、フレームのしなり、溜めをうまくホイールに伝えるようにリズムが取れると、気持ちよく進む。

ダンシングして一時的に体重で押し込むように踏んだときも、バイクがブレない。すごく相性が良いと感じる。
ただし、乗り心地はシャマルにチューブレスの方がやはり快適だった。

タイヤを25Cにして、もう少し空気圧を落とすとまた変わるかもしれないけれど、快適性はいずれにしても落ちた気がしている。

登りはすごく楽だった。いつもは自走でアプローチする都民の森に車で行ったから、脚もフレッシュだったけど、明らかに脚が回る。頑張れるポイントが少し広くなった気がする。脚を回せる限界の斜度の上限が上がったというのかな。

一方下り。カーボンリムの発熱が怖くて、恐る恐る、止まる度に温度を確かめながら下ったけれど、やはり相当熱を持つ。
推奨のGOKISOシューで下ったけれど、10秒越えるとリムが鳴き始める。リアの当て効きは短時間でフロントも断続的に短時間で入力して減速してやる必要がありそう。

ただ、触れないほど熱い!ってレベルにはならなかった&かなり慎重に下ったので、実際の限界値はもう少し高いと思う。それでも僕のように下りが下手くそで、しっかりブレーキしながらダラダラ下りたい人にはちょっと工夫が必要かもしれない。

ということで、多分普段よりブレーキ少なめで下ったわけだけど、先に書いた通りコーナーの安定感が高いので、恐怖感は少なかった。
時々ある片側交互通行で停止しなければならないところが怖かったくらいかな。そのおかげで停止後のリムに触れられたのだけど。

繰り返しになるけれど、かなり慎重に、減速と発熱の両方に気を遣って下ったからの評価なので、実際の限界値はもう少し高い。

都民の森は僕ですら、本当はもう少し速度早めでも下れると思うので、よほど延々ブレーキをかけ続けるみたいなマネをしなければ大丈夫かなと思う。

ただ、ブレーキシューがすごい減る。新品を前日取り付けて走ったのだけど、下ってきたらかなり減っていた。
4つで2000円と安いけど、コストパフォーマンスは高いとは言えない。

制動力、耐熱性ともに、レイノルズアサルトのカーボンリムには敵わない。ただこれはレイノルズのレベルが高いのだと思う。

ホイールの軽さと剛性の高さが目立つので、走っていて気持ちの良いホイールだとは思う。
リムがかなり固い印象なので、スポークテンションなどで工夫すると、また違った印象になるのかもしれない。

良くも悪くも、非常に尖った性能かな、という評価。

タイヤを変えて、また少し印象が変わるかな、変わるといいなあ。

0 件のコメント:

コメントを投稿