ページ

2014年4月29日火曜日

うつのみやサイクルピクニック 2014

宇都宮サイクルピクニックに参加してきた。

ろまんちっく村を出て宇都宮市、日光市を走り、最後にジャパンカップのコースである古賀志林道を走って、ろまんちっく村に戻る、全110キロ。

コースプロファイルはほぼ平坦で、古賀志以外にはほぼ坂は無いと言える(一箇所ちょいとキツイポイントがあったけど、短かった)。

70キロコースに参加のべんちゃんと一緒に走ってきた。

基本、まったりペースで行こうと話していたのだけど、先頭を走っていると、後ろからレーシング1のラチェット音がカリカリカリカリカリカリカリと…。
大体32.3キロくらいで楽に巡航していたのだけど、べんちゃんには物足りなかったらしい。

なので必死で先頭を走った。しかし脚の調子がすこぶる良く、珍しく良く脚が回っていたので、そんなにしんどくはなかった。むしろ、暑さと首の痛みがネックだった。

エイドであれこれ食べたり、ゆるキャラと写真撮ったりしつつ、もりもりと走ると、昼過ぎには70キロ走破しそうな勢い。べんちゃんとはコース上でお別れになるのだが、物足りなさそうなので、そのまま110キロ行っちゃえよ!って言ったけど、真面目なのできっちり70でフィニッシュしていた。ちっ。

そんなわけで、お別れしてからはひたすら一人旅。
向かい風も強く、なかなか辛かったが、脚が回るギアで淡々と回し続けることを意識。古賀志に向けてなるべく脚の疲労を貯めないように。

前を走るGIANTのおじさん?を抜いて、先頭を引いていたら、微妙にちぎり気味だったようで、後ろを走っていた宇都宮ブリッツェンのレジェンド、鈴木真理選手が先頭に。

ほどほどのペースで先頭を引いて下さったので、かなり脚を休ませることができた。エイドに着いたときに、先頭ありがとうございました、と声をかけると、にこやかに、はい、おつかれさまでした!と応えて下さった。
イケメンすぎる。中学生と一緒に走っていたらしい。

エイドを過ぎてからは再び一人旅。回復した脚で初めてのジャパンカップコース、古賀志林道へ。
坂が…デブには本気でヤバかった。うっかりガーミンの操作ミスって斜度表示を出してしまい、心が折れかけた。
しかし足つきもなく、のろのろとだがてっぺんへ。

ダウンヒルをこなし、5時間半くらいでゴールした。

佐渡ロングライドを想定し、脚を残しながら走る。という課題は割と良い感じに達成できた気がする。
また、ところどころ抜いたり、先頭引いてもらったときには、積極的に声をかけて(大半無視されたけどw)、周りと協調的に走る、というのも、こなせたんじゃないかなと思う。

70キロほど後ろで監視していたべんちゃんに今度その辺をよく確認しておきたいと思うが、STRAVAを見たら「まったり詐欺」ってアクティビティタイトルでデータが上がってたので、ダメかもしんないw

しかし非常に良いイベントだった。会場のろまんちっく村も、家族の楽しめるアクティビティがたくさんで、奥さん子供も大満足。過去最高の家族満足度を記録したと思う。

来年も時期が同じなら、また参加したいと思う良いイベントだった。主催、宇都宮市、ブリッツェンの皆さん、本当にありがとうございました。

2014年4月16日水曜日

潮風公園アタック三時間走

この日曜日。某ヒデヲさんの声かけでお台場にある潮風公園をリレー形式で駆けるイベント、潮風公園アタック三時間ランニングエンデューロなるものに参加したので。

自身初(一応三キロばかりの町内マラソンには出たことがあるが)のランニングイベント。

心強い ERATEH のメンバーとのRUNでのエンデューロ。脚は不安だらけだけど気持ちは強め。

シンスプリントの回復のため、そしてこの日のために約一ヶ月半、RUNを控え、バイクで運動量をちまちまとだけど稼いだ成果を発揮しなければならない、と割と実は意気込んでいた。

メンバーは、
発起人のヒデヲさん
やまぞうと愉快な仲間たちといえばこの人、やまぞう
靴といえばこの人、なおティ
デブといえばこの人、kana

この四名。他にもう一チーム、ガチで戦うリスチームが参加。

結果、カテゴリ二位!!

いや、カテゴリだと四チームしかいないのだけど。
一位だったリスチームとは四周回の差をつけられているが。

でもみんなとにかく頑張った。
多分皆が皆、自己ベストかそれに近いペースで四巡回、走り切ったと思う。

僕も普段のRUNトレでも出したことのない4分30秒前後のペースで走った。

冬も明けて、RUNもバイクも前向きに取り組みやすい季節になったから、またゆっくり積み上げていこう。

まず左足首の捻挫みたいな痛みをどねーかせんといかん。

2014年4月9日水曜日

夜の荒川40キロ

自宅〜戸田橋で荒川イン、堀切まで。
工事の迂回区間が砂利道のため折り返し。

あれは手前で対岸に渡ればいいのかしら。めんどくさいし平日はこんなものでいいや。



そういえば、TADAIMA 100% ジャージを着て初めてライドした気がする。
そして身体が丸い。絞れ俺。