ページ

2014年3月24日月曜日

おもてなしまえばし シクロクロス2014

前回のblogから何と三ヶ月半。
まあなんと言うかご存知の通り、このBlogは自転車に乗らないと更新されません。
つまり、この期間は、ほぼ自転車に乗っていなかったということを意味するわけです。

では、今回の更新までのダイジェストをどうぞ。

シクロクロスに参入! BH RX1に電動アルテ6770組で!
一から全部自分で組んだよ! 電動化も自分で工夫したのだよ!

秋ヶ瀬の森バイクロアに出たよ!
初シクロクロスレース、和やかな雰囲気の中、心臓と身体を痛めつけたよ!

のんこが凶暴化して週末なかなか自転車に乗りづらくなってきたよ 
別に強制されているわけじゃないけど何となく乗れないふいんきだったんだよ!

それでも我慢できなくて、ランを始めたよ!  
張り切りすぎてシンスプリント起こして走れなくなったよ(涙

どうにも我慢できなくて、仕事納めした夜にコスカボSLRで荒川に出かけたよ! 
岩渕でパンクして、歩いて家まで帰ったよ!

本当に我慢できなくて、大晦日にべんちゃんと乗り収めしたよ!
寒かったけど楽しかった!  ところが翌日から頸に痛みが!!

頸の痛みから、左腕全体に痺れが起こってMRIを撮ったら頚椎ヘルニアだったよ!! 
自転車乗れなくなっちゃった!! やけくそでランに傾倒したらシンスプリント悪化したよ!!

ようやく、頸の痛みが抜けて、脚もそこそこ大丈夫になってきたから、自転車乗るぞう!!イマココ


まあそういうことで、昨日群馬県前橋市で開催された、おもてなしまえばし シクロクロス 2014 のチームエンデューロに「やまぞうと愉快な仲間たちチームとして、参加してきました。

メンバーはこちら。
はっちゃけお師匠様 やまぞう法師
高身長でオシャレ髭のイケメン、斉天大聖 yasu_sv さん(以下やすさん)
自転車乗らなかったら6キロ太ってたよ、猪八戒 kana
の三名。あれ、沙悟浄がいねーな。まあいいや。雰囲気で。

発端はやまぞうさんの声かけであったと思うのですが、チーム名はやすさんの発案、即決。

お二人ともシクロクロスの世界では大先輩であります。特にやすさんはその道で顔も広く、キャリアも長く、背も高くて自転車もオシャレ。これはかなわん。
しかしそこは私、とにかく二人に食らいつく勢いで、勢いよく前橋に乗り込んできましたよ!

チームエンデューロということで、当然順番にリレー方式で走ります。試走中に色々コースの危なそうなところや、気をつけなきゃいけない場所の目星を付けて、しばらくはのんびり観戦。

シクロクロスレースの何が楽しいって、間近でレースを見られること。本当に目の前を選手が駆け抜けていきます。

まずは女子&マスターズ。開幕トップ集団が駆け抜けた後、最初にある砂地のクランクで早速転倒、ガッチャガチャ(笑
何かうまーく写真が撮れたので貼っておく。



個人的にはシクロクロスの醍醐味はこの辺だと思っている。ロードだとこんな状態になると悪態をつく選手や、怒号が飛び交ったりする。もちろん速度域も違うしリスクもあるからこそなのだろうけれど、シクロクロスは皆笑ってる。

観客も、転んだ人も、他の選手も笑ってる。そういう雰囲気の中でも、かっちりレースは走っていく。
そんな柔らかさと強さが混在した空気がコースに流れる。これが実に盛り上がる。

観客も知らない人同士でも気にせず一緒に声を張り上げる。選手もそれに答える。あったかい。

さて、マスターズとレディースだけれども、結果はもうぶっちぎりで女子一位、シクロクロスのアイドルとして?有名なみぽりんこと今井選手が優勝。何とマスターズの優勝者よりも早いダントツの勝利。
あと笑顔がかわいかった。笑顔のかわいい女子はモテるよ。うん。モテてた。



そしてファンクラス。やまぞうさん、やすさんのお知り合いの、ktanaさんが出場。この方もまた皆に愛されていた。ファンクラスで最も罵声、いや声援を送られていたであろう。

そしてもう一人、この日のファンクラスを席巻した男が。

赤いYah○o! ジャージでMTBを駆るおとうさん。
五歳か六歳くらいであろうか、応援する僕たちの近くで「おとうさーーーん!!がんばれーーー!」と懸命に声を張り上げる。

その場の空気が一体となったね。次におとうさんが来た時、全員一致で、

「おとうさーん! がんばれーーー!」ですよ(笑

前出女子チャンプみぽりんも、やまぞう法師も、やすさんも僕もおとうさんの息子もお揃いのジャージを着たおかあさんも。
みんな揃って「おとうさーーん!」ですよ。

おとうさん苦しそうだったけれど、かっこよかった。
多分走りながらルートラボでコース引いてた。

そんな大歓声のファンクラスも終了。いよいよやまぞうと愉快な仲間たちのデビュー戦。
実はシクロクロスのレースはこれがまだ二戦目の私。
トップバッターは我らがやまぞう法師、二番手に私kana、そして後詰めはシクロクロスのキャリアが最も長い、やすさんの布陣で。

よーいドンでやまぞう法師のスタート。何と三位あたりでガンガン攻めていく。よーし、これは頑張らなければ!



二周して戻ってきたやまぞう法師、交代してゴー。
あ、今回もGoProで動画を撮影した。ガーミンは久しぶりすぎて操作を完全に忘れ、何度も何度もLapボタンを押しながら走っていた。

最初の周回はわちゃわちゃしながらのレースだった。
僕が一番辛かったのは砂地かな。特に砂地&クランクコーナーになってる箇所。
見かけによらず重量級なので、油断すると砂に刺さる。
仕方がないので手前で飛び降りて担いで走ったけど。そのままシケインに入るので走り続けできつかった。
かといって乗ったまま行こうとすると必ず右コーナーでつまづく。

右半身が硬く、ロードでも右コーナーが苦手なもので、とにかくバイクを倒しきれないし、バランスが取れないのだ。で、埋まる(笑

二周目は多少マシになったけれど、一周目に残した疲労で踏み切れず、何となく不完全燃焼?な感じでやすさんへタッチ。

二巡目、コーナーはそこそこ早く回れるようになってきた。しかし、調子に乗って砂地クランクで速度があるまま飛び降りようとして、左のペダルを外して降りようとしたら、クリートがまたペダルに噛み付いて、思い切り地面に叩きつけられた。

衝撃を殺すために身体を横にしつつ、リカバリのために膝を立てようともがいたら、自転車を思い切り膝蹴りした。

カーボンは硬かった…(涙

精一杯立ち上がり、自転車を抱えて走る。痛いけど走る。シケイン。飛ぶ。痛い。飛ぶ。

よろよろとしながらもバイクに乗り、残りを走る。
膝が痛くてペダルが重かったけれど、何とか走り切って、やすさんへ交代。



やすさんが危なげなく二周走り、ラストランはやまぞう法師に託される。

気迫のスプリント(ただし一人)を見せて、やまぞうゴール!!



結果は五位。入賞は入賞!! 表彰台に立った。
袖ヶ浦七耐に続いての表彰台。ほとんどチームメイトの力で載せてもらったようなものだけど、楽しく走り切れたので、本当によかった。

そのあとは前橋名物の鳥弁当を食べながら、エンジョイ、キッズクラスを緩々と観戦。
そしてDI2のバッテリーを忘れてあわやシングルスピードで出場しかけたやすさんのお友達Nさんの出るファストクラスの観戦。

バッテリーをお貸ししたので、応援にも熱が入る。
残念ながら、途中チェーン落ちされたそうで、大きく引き離されてしまい、追い上げるも届かずの三位だったけれども、早い人たちの走りを間近で観戦できて、興奮のひと時だった。

みなさんにお礼を言って撤収。渋滞に巻き込まれて帰宅は18時ごろ。

充実した一日だった。

まえばしシクロクロスにご参加の皆さん、主催、運営の方々、ありがとうございました。

最後に、iPhoneで撮影した写真のリンクを。flikr を使ってみた。

GoProで撮った動画は例によってYoutubeにアップしとります。
当Blog右上のガジェットからも飛べます。

大転倒は#3に入ってたかな。