ページ

2013年6月3日月曜日

富士ヒルクライム 試走に行ってきた

こんばんは。最近はトレーニングばかりで実走がないのでBlogが書けませんでしたが、この週末に富士ヒルクライムの試走に行ってきたのでその記事を書こうと思います。


準備をして車を借りて、試走会場である富士北麓公園に向かいます。
会場に着くと、なぜかたくさんの人、そしてテント。面白そうなので、見て回ることにしました。

あの方も試走にいらしていたようです。ステッカー売っていたので二枚ほど購入。

パールイズミもテントを出していたようで、なんとチーバさんのジャージを発見。
売り物ではないようです(手:偶然居合わせたアニージャさん)。

さらにさらに、我が愛車メテオランチの生みの親であるグラファイトデザインさんもなぜかテントを出しておられました。
生T800!! 初めて見たけどかっこいい!! ほしい!!
話を聞くと、グラファイトデザイン・オーナーズプログラムというものを開催していて、GDRジャージを配布しているとのこと。
試走後に来ても良いか聞くと快くOKしてくださったので、後日寄ることにしました。

そして、な、なんと。偶然試走に訪れたこの会場に、これまた偶然。
イモトアヤコ!!!!!
超いい人だった、しかもトークショーだったようなのですが、なんと自転車好きで、ロード二台に折りたたみ一台を持っているんですって。
私も富士山登ってみたいですわーとか割とガチに話していました。

あとはRxLソックスという靴下を購入。なんかいいらしい。足のサイズを見てLサイズを購入。足のサイズを見てLサイズを購入。

さてさて、そんなこんなで試走に来たわけですが、一泊してから試走をするつもりだったのですが、今夜の宿をどうしようかと迷っておりましたところ、先ほども話に出たたまたま試走に訪れていたアニージャさんこと @tom_ricky さんと、これまたたまたま富士山の撮影に訪れていたユウさんがいらっしゃったのでご挨拶。
話を聞くと、宿に空きがあるというので、ご一緒させていただくことにしました。

三人で明日の試走に向けて買い物も済ませ、謎の洞窟風店舗でほうとうを晩飯に食して宿で話していると、携帯に着信。

「あ、かなさん? オレだよオレオレ、今富士にいるんだけどさー」
とだーさんこと @street_lethal さんが。
あ、富士にいるんですか、じゃあ宿に遊びに来ます? というと、たまたま近くにいたようなので、お迎えに。

四人になった宿で、今日買った靴下を履いてみようということで履いてみると。

…踵がくるぶしくらいの高さにくる。踵を合わせるとつま先が余る。
たまたま自転車を持ってきて、同じ靴下をはいていただーさんのはジャストフィット。

「サイズ違うんじゃない?」とかいろいろ言われつつも、せっかく購入したのでつま先も踵もややずれてるような微妙な妥協点を探してそこに落ち着く。
足首がきゅっと締まっていい感じなのだけれど、どうもつま先とかかとが気になる。

あ、そういえば、北麓公園で参加賞ですと言って座布団をもらったんだった。
椅子のない宿だったので重宝しました。後でわかったのだけど、これ、なんとホイールも入るんですよ!

そんな感じで試走前夜は更けていき、みんなでおやすみなさい。
まさかの二段ベッド。
二段ベッドは構わんのだけど、175センチの僕が縦に寝て頭とかかとがぴったりくっつく感じ。だーさんは余裕そうだったけど、アニージャさんは辛そうだったw
しんどい感じで就寝するも、いつも通り気が張って眠れない。まあイベント、おっと試走前はいつもそうだから気にせず目を瞑って耐える。
たぶん2時間くらいは寝たと思う。

当日
朝が来て、4時半頃に起きる。みんなと一緒に試走の準備。試走なのになんとトラックが下山用の荷物を運んでくれるんだそうで。預けにいって、みんながローラーでアップする中、坂を下って登るというアップを4往復ほど。

前日にアニージャさんがわけてくれたグリコのサプリのおかげか? 足が割と良く回り、FTP近辺で登るのが苦じゃなかった。
そんな感じで試走準備完了。いざ試走!と勇んで行ったら、なぜか順番ですと言われたので仕方なく並ぶ。何と僕の前に7000人くらいの人。
みんな試走しすぎじゃね? と不満に思うけれどもひたすら待つ。順番の早かったユウさん、だーさん、アニージャさんは先に行く。

試走前に、アニージャさんにいただいたメイタンの秘密兵器「2RUN」を飲む。
これが効いた。つりそでつらない、という気持ち悪い領域で筋肉を支え続けてくれた。限界近くまで振り絞れたのはこいつのおかげだと思う。
たぶん靴下よりこっちを買うべきだったかもしれん。売ってなかったけど。

さて、自分の順番になる。試走の際には動画を撮影するぜー!と思って持参のoproちゃんの電源をON。
…あれ? なんでバッテリーがないの?

はい、Gopro HERO3にはWifiでスマホと接続する機能がございます。
普段無線LANはオフにしているのだけど、どうも自転車を運んでくる段階でONになってしまっていたらしい。
電波飛ばしまくりで電池が消耗していたようだ。一応撮影してみたけれど、計測開始地点にすら至らなかったので消したw

orz

ま、まあ気を取り直して試走のことを詳しく書こう。

最初の5キロは20分で、と決めて、頑張ってみる。前日頑張りすぎないように、とアニージャさんに言われていたのに、なんか周りの雰囲気に押されてガシガシ踏む。気づけば20分を245Wで走っている。FTP超えてた。

しかしところがこの辺は意外と平気。まだまだいけるぜ!と勘違いして三合目くらいまでは結構いいペースで進んでいった。

しかし、だ。三合目を超えたあたりから、吹きおろしの風が向かい風となって、斜度をあげてくる。風よけになりそうな人もおらず、ひたすら踏み続ける。
だんだん口の中というか気管支か? に血の味がこみあげてくる。
それでも踏めるところまで踏む。と頑張っていく。

19キロ地点。もっともきついところだが、ここで負けたら目標達成できない、と思って頑張る。3:48で登る。たぶん僕の中では最速のはず。

が、登り切って次の7%くらいの坂で、気管支がヒューヒュー言い出した。
そう。ぜんそくの発作が…w
酸素の重要さを痛感した。気持ちは折れてなかったんだけど、体が全くいうことを聞かない。
踏んでも力を足の先端まで巡らせることができない。ダンシングして体を起こして胸を開いてあえいでも、酸素が入ってこない。筋肉が動かない。

そんな状態でフラット地点に到達したもんだから、踏んでも踏んでもスピードが出ない。
吐きそうになりながら下ハンに文字通りしがみついて踏ん張っていると、下山待機中のユウさんが「かなさん頑張れ!」と声をかけてくれた。

おうよ!! とばかりに踏みまくれるはずもなく・・・w 最後の坂をギリギリ登り切ったらゴール。ガーミンのタイムで1h35m。目標達成ならず。

こうして今年の富士試走は残念な結果に終わったのでした。でもこれを活かして本番では目標達成に向けて頑張ります!!

頑張ります!!!


…がんばり…ますorz




くやしいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!

何が悔しいって、去年より絶対に頑張ったのに記録が落ちてることが悔しい。
去年はもっと楽に登って1h32mだった。それが今年は血の味を感じ、下山してから翌日深夜の今現在もなお咳が出るレベルまで頑張ったのに、結果が伴わなかったこと。
トレーニングも去年よりたくさん積んだ。絶対いけると思ってた。
思い返してみても何が悪かったのかなんて全然わかんない。しいて言えば去年よりは一歳おっさんになってはいる。でもそんなの関係ないよね。

何が足りなかったのかわからない。だから困る。

そんなわけで、前日の宿でユウさんが教えてくださった、呼吸器系の鍛錬器具、パワーブリーズ、さっそく注文しました。
唯一、登坂中にぜんそくの発作を起こしたことで酸素の重要度を痛感したから。

また鍛え直しだ。悔しいけれど、これが今の僕の全力であると。そう受け止めてまた頑張ります。

同宿のユウさん、アニージャさん、だーさん、宿を手配してくれたタロウさん、ありがとうございました。

ホイール(おれのじゃないけど)をわざわざドギーパークまで持ってきてくれて、待っていてくれたまたまるさんもありがとうございました。
あ、ゴールドゼッケンおめでとうございます。マジうらやましいっすw

そして、苦しくもとても楽しい大会を企画運営してくれたスタッフのみなさんに、お礼を言いたいと思います。今年も楽しい富士HCでした。ありがとうございました!

データ(だーさんのまねw)

平均速度 (km/h): 15.1
平均出力 (ワット): 217
平均心拍数 (拍/分): 157
平均ケイデンス (rpm): 73
Temp (C): 14.8

Speed (km/h): 30.5
最大出力 (ワット): 727
最大心拍数 (bpm): 213
Cadence (rpm): 96
Temp (C): 17.0

xPower (ワット): 220
Relative Intensity: 0.907
BikeScore™: 131
Daniels Points: 108
Daniels EqP (ワット): 221
TRIMPポイント: 199
エアロビック・デカップリング (%): 9.08