ページ

2013年4月30日火曜日

ツール・ド・親分 HINOHARA ステージ


はいっ、ゴールデンウィーク前半戦終了のお知らせ。kanaです。
三連休はうち二日乗ろうと思っていましたが、一日目は左わき腹の痛みでDNS。
好天の中昼から燃焼系ローラーを1時間ほどして終了しました。
青空の下、風の吹かないベランダで回す固定ローラー。いやあ、気持ち悪かったw
終わってシャワー浴びた後は気持ちよかったですがw

そしてタイトル通り、4月28日。ツール・ド・親分 HINOHARAステージに参加してきました。
巷ではOTR(親分・特急・ライド)とか言うらしいっす。

親分とは、いつもERATEHチームメンに慕われてるロングライドマイスターなC59のりさん(以下のりさん)のこと。
親分のトレーニング?の一環として、秋ヶ瀬から自走で都民の森を目指す旅に同行させていただきました。


ルートはこちら。自宅からだとおおよそ180キロの旅でした。

同行者は皆の親分 のりさん。
腹黒エース くろけん。
エログロエース jimaoさん。
ゾンダ馬鹿な! な剛脚 アッキーさん。
オー○スポ○ツよりいい写真の撮れるできるオトコ さとしさん。
シクロ命のPM やまぞうさん。
ECU屈指のヒルクライマー だーさん。
良く考えてみたらロングライド久々だったよ雑魚め kana
の八名でお送りします。

秋ヶ瀬に着いたらアッキーさんが若干待ち合わせ場所とは違う場所で待ち合わせていたので、軽く談笑していると、さとしさんがわざわざ呼びに来てくれましたw
談笑しているところにお見送り隊のヒデヲさん、ヤスさん、miyaさんも加わって、みんなで腹黒いフォイルを弄りつつ、主催のやまぞうPMを待ちます。
集合時間の7時を過ぎてもやってこないPMに、親分がしびれを切らしそうになってないけど若干僕がしびれを切らした時に、PMはおいでになりました。

「おうおめーら!御苦労御苦労!」と言って肩にOREBAを担いでいます。その姿に誰も文句は言えず、にこやかにスタート。
※半分ほど嘘です。

ここからはダイジェストで(ぇ

自走で都民の森に行って登るというのに、みんなペースが速い。
32くらいで巡航するようなペースで牽いてたら、剛脚ツーキニストのあっきーさんに、心配そうな顔で代わりましょうか!って言われて後ろに下げられるorz
登りが待ってるのでのんびりペースにしたのに、再び35キロくらいで巡航するw

今回は青梅側から行ったので、都民の前に一度プチ峠的な登りが。既にここでこと切れる俺。
前日もヒャッホイしたのにアタックとかしてる腹黒。その手前のコンビニでDi2のケーブル抜けて修理してたのに。さとしさんに借り物のR1Ltdに変な汁垂らしてた癖に。クロテグラコンポの癖に。ここでケーブル抜けれ(ry

五日市駅前のセブンイレブンで先に登って下ってきたmakotoさんに会う。
もう一回おかわりは?って誘ったけど、もういい!って断られる。

再びスタート。実はこの時点で左のふくらはぎに張りがあった。が、ここからは緩々だろうと思って気にせず行ってしまった。今思うとあのセブンで補給しておけばよかったのかなーとも。
その後、最後の休憩ポイントである街道沿いのセブンイレブンで補給して、TT開始地点までゆるく先頭を牽く。
前方にややペース遅めの集団がいたけど集団が長くて抜きにくいと思ったのもあるけど、まあどうせすぐ止まるしなと。

TT開始地点のナントカ橋(名前忘れたw)でGoProをセットして、録画開始。
同時にTT開始。ここからは各自のペースで。と言っていたのだけれども、早々にがーーーーっと走り去って行ったさとしさんをビデオに収めるべく踏んだりして、今思うとアホなことを・・・w

数馬の湯にたどり着く前から、左ふくらはぎと右に内腿がピキピキし始めるw

数馬の湯くらいまではごまかしごまかしして進んでいったのだけれど、この辺から斜度が上がり始める。ダンシングを多用しようとする。右内腿が攣りかける。シッティングする。ふくらはぎが攣りかける。 ダンシングry

そんな感じで走っていた時、突然やってきた。左ふくらはぎと右内腿に同時に痛みがw
シッティングもダンシングも封印され、何とかフラフラになりつつ、道の端に寄って、まさかの足つきorz

筋を伸ばしてストレッチして、休憩して、とやってはみたものの、 その後も何度も攣りまくり、ぼろぼろになって頂上へ。
タイムは1時間25分くらい。最弱であります。
皆さんに謝りつつ、攣った足を延ばす。うーん。痛みが引かない。まずいなーこれは。

そんな俺を気遣って、ゆっくり目のペースで先頭を牽いて下さった親分の背中が広く見えました。
おかげで帰る頃にはふくらはぎの痛みも内腿の痛みも、そこまで酷いこともなく。

秋ヶ瀬手前で下流組(だーさん、あっきーさん、俺)だけ別れて帰路へ。
35強で巡航してても平気なくらいには回復しました。帰り道で、志村坂は今日は無理だわーとか言ってるのに、PB出すんでしょ?とかだーさんに煽られたので頑張って踏んだ。
PB出なかったけど、過去5番目くらいのペースで登ったw

帰宅してシャワーして倒れこんで終わりです。

皆さんありがとうございました。ご迷惑おかけして本当に申し訳ないっす。
ロングも山も久々だったので、体が全然ついていかなかったです。しかし恐ろしいほど練習にはなったので、また参加したいと思います。何より楽しかった。

 談笑する面々。「いやいやなかなかいいペースだね」「そうですか?俺はまだいけますよ?」

フリーチケットでロング&ヒルクラデビューのあっきーさん喜びの舞。

 クロテグラDi2グロッシーグレーを搭載したくろけんの真・フォエロ。ホイール借り物で下が変な汁がこびりついていたらしい。Japanese BUK○AKE!!

 やまゾンダPMと白ECUジャージの似合うだーさん。

黄昏親分。「まだまだ走り足りんのう・・・」と言っていたとかいないとか。

動画は現在鋭意編集中です。一人で走ってる区間が多すぎて・・・orz

2013年4月23日火曜日

URLが変更になりました。

当BlogはBloggerを利用していますが、kanazon.comドメインを 利用することにしました。
新しいURLは http://blog.kanazon.com です。

利用していたhttp://phoenix-kana.blogspot.comは自動的にリダイレクトされます。

本当はレンタルサーバーを借りてWordpressに移行しようかなと思ったんですが、
今のデザイン割と好きだし、過去の記事を維持したかったのでこの形を採用しました。

今後とも、よろしくお願いします。

2013年4月22日月曜日

情報セキュリティスペシャリストを受験してきました

たまにはマジメにw

昨日 IPA H25春期情報処理技術者試験の情報セキュリティスペシャリスト(SC)試験を受験しました。

試験は大まかに四試験あります。合格基準はすべての試験で60点以上です。

失格した試験があればそれ以降の試験は採点すらされません。

【午前I】情報セキュリティスペシャリスト(SC)など一部の高度情報技術者試験の基礎試験となります。

この試験ではSC以外にもアプリケーション、ネットワーク、PM、法務、経営知識など全般的なIT知識が問われます。個人的にはここが肝だと思ったので、事前の勉強は全てここに費やしました。

四択30問です。午前Iは合格すれば二年の受験免除が受けられます(再試験、他の高度試験問わず)


【午前II】SCの専門試験(四択25問)です。

技術の説明、脅威と対策、リスクなど、セキュリティに関わる問題が多く問われます。

一部、IPv6や無線LAN、RFIDなど、セキュリティとは直接的な関連がないものも出題されました。

昨今はDNSのキャッシュポイズニング、標的型攻撃、ソーシャルエンジニアリングが話題なこともあって、

その辺の問題も多く出題されている印象がありました。

製品特化ではなく、業界や脅威、セキュリティ、ネットワーク技術のトレンドをしっかり抑えていれば取れるという感じです。

ほぼ独力で受験しました

※午前I・IIは過去問からの出題そのまんまのものや、似せた(回答パターンや問題を少し変えたもの)が多数出題されます。
過去問題集をしっかりやっていれば取れると思います。


【午後I】SCの専門試験(記述式、選択二問)です。

四問のセキュリティに関するケーススタディ的な問題で、午前IIで問われた技術要素の詳細な内容や

それをどう利用するか、などが総合的に問われます。トラブルシューティングのシミュレーションに近い感じです。


今回私はマルウェア解析とIPアドレス詐称に関する問題を選択しました。

マルウェア解析については、提示されている情報を元にマルウェアの感染方法や攻撃者の目的を類推すること、

また、与えられた環境情報を元に対策方法の提案、攻撃者の目的などを問われました。
IPアドレス詐称についても同様で、発生したインシデント、環境情報から、攻撃の検出方法、対策、システムの改善提案について問われました。


【午後II】SCの専門試験(記述式、選択一問)です

二問から一問を選択する記述式試験で、午後Iをさらに複雑かつ難解にしたようなものです。

問題文だけで10ページくらいあるので、読むだけでもかなり消耗します。
ただ、その分問題の答えとなる要素が各所にちりばめられているので、落ち着いて読み込んでいけば

技術的に不明なところも、回答を推測できると思いました

今回はソフトウェアのリスクアセスメントとモデル企業の技術情報の情報システム化の問題が出題されました。

迷うことなく、後者を選択しました。顧客の要件(電子メールのセキュリティ、アーカイブ、電子ファイルの管理、災害対策)に合わせて、

問題点や改善点を記述式で回答します。とにかくいろいろ考えなければならないことがあって、脳をクロックアップしまくりました。


自己採点では午前I・IIは80点程度でクリアできていそうなので、午後の記述式の得点次第で合否が決まりそうです。

個人的にはできればもう受験したくない(ボリューム的に辛かった)ので、今回で受かっていることを祈ります。


午後問題は総合的な発想力、理解力(技術および文章の)、論理的な文章力が問われていると感じます。

システム設計、構築、維持管理、運用などの知識やいわゆる「現場で求められる力」を体系的に学ぶのにとても良いと思いました。

また、適度にセキュリティやIT技術に関するトレンドも抑えていることを確認されているような問題があるので、

新しい技術や脅威(今回だとDNSSECとかAPTが多く出題されていた)に対してもある程度の理解をしておくと良いと思います。

2013年4月11日木曜日

2013年4月8日月曜日

週末のこと

エンデューロ四時間編は忘れてしまいました。詳細はヒデヲさんのblogを読んで下さい。

今週末、先週末の悪天候の鬱憤晴らしたく、しかし雨と暴風の危険性もあり、彩湖朝練に行くことにしました。
特に約束はしていなかったのですが、6時ごろ現地に着くと既にレギュラーメンバーのmiyaさん、マコトさんが。

Twitterで新車なーうwwwwwとスコットの写真をアップしていたはずのくろちゃんは不在。新車にテンション上がって周回していた様子。すぐ戻ってきました。

ぼちぼちと集まって周回練習。以下自分用メモ。

ローラーの甲斐あってか、単独あるいは先頭の時のパワーの維持が少し楽になった感じ。

Goproがガタガタするのでアタッチメントの増し締めが必要そう。

仕掛けるところはしっかり考えよう。

アタックするなら後ろも疲弊させてナンボやで。

特に最後。毎回なんですが、後ろの人の発射台にしかなれてない。
もっと長く駆けるか、もっとドカンといくかしなきゃだめだなーと。

いずれにしても、練習、トレーニングあるのみですね。

突然の雨でしっかりきっちり練習というわけにはいかない感じでしたが、久々にERATEHメンバーと朝練してスッキリしました。

なおティのホイール試乗会とか色々楽しかったから良しとします。

夜は夜で先日の東京エンデューロやZeroさんの息子さん誕生祝いなどを兼ねた打ち上げ会 in 赤羽。

なんとタロウさんも参加してのなんだか不思議な会になっておりました。
長柄練にERATEHメンバーも参加しないか的な話やら、JCRCの話やら(これは主に俺だけか)、色々刺激をもらう会で楽しかったです。

5月のしもふさクリテ、6月の富士HCに向けて、モチベーションの上がる土曜日でありました。


実はトレーニング積んでも低めのパフォーマンスしか出なかったり、回復がえらい遅い(というよりは疲労が抜けない感じ)など、フィジカルには低迷している感があるのですが、ここで不貞腐れてホントに調子を落としても仕方が無いので、いつも通り、自分の体の感覚を信じながらボチボチやりたいと思います。

日曜日は家族で板橋の子ども動物園に行って疲れて寝ちゃいました。