ページ

2013年12月11日水曜日

2013年11月25日月曜日

袖ヶ浦7時間耐久 男女混合

やっぱりBlogネタは熱いうちに書かないと駄目ですな。
といいつつも、最近はPCを起動すること自体が少なくなっていて、
仕事と子育てで精いっぱいな毎日。

今週はシフトで昼出勤なので、たまったネタを消化していこうと思っている。

ということで去る11月3日に行われた全日本7時間耐久サイクリングIn袖ヶ浦に、
ECU男女混合チームとして参加してきた話から。

前夜に車を借り、荷物も全部積み込んでいたおかげで、当日は3時半起きなものの、さほど準備に時間を要さずに出発。同時刻に起床した二歳児がテンションアップで車内は騒然だった。
待ちあわせ場所でメンバーと談笑し、そろって移動。割とオンスケジュールより遅めな行動でも、駐車場もピットも余裕あり。

それもそのはず、参加者が圧倒的に少なくなっていた。三年連続で参加しているけど、今年が最も参加者が少なかった気がする。また、従来は駐車場内に出店もあったのだけど、今年はレストランのフードだけ。子供には刺激のきつい食べ物しかなかったようで、来年の開催は大丈夫かという様相。

写真とか撮る元気がなかったのでありませんよ。

のんこと戯れるtarowax総帥の絵ならあるけれども、レースに全く関係ないので割愛w

レースの話。自分は二番手。スターターで先頭にくっついていったはせさんの順位をキープ……は先頭集団に追いつかないと不可能な状況だったので、とりあえず冒頭に掲げた目標を守ることを念頭に。

今回、一周4分半で10周以上を目標にしていた。正直な話、まともにロードバイクに乗るのは8月の筑波以来という体たらくだったので、どのくらいできるかわかってなかった。
また、前週から始めたラントレで調子に乗りすぎたおかげで両脚の股関節が痛くて、歩くのが辛い状態。自転車に乗っている間は痛みはないものの、股関節に違和感を感じつつの行程となった。

一巡目は目標をキープして、11週走って交代し、tarowax氏に繋ぐ。後で確認したら、何とか2位~3位をキープできていたようで良かった。
この順番では一緒に出場していた別チームのedozakuraさんとも並走できてよかった。
エンデューロで知り合いと走ったのは数えるほどしかなかったので。

二巡目、最初の出走でパンクしてしまったはせさんの代わりに一番手に繰り上がる。一巡目の一人旅のダメージが残っていたが、順位を落とさないことを目標に頑張る。
ちらっと後ろに順位を競っているチームのジャージが見えたので、とにかく追いつかれないように、とにかくペースを維持しながら踏み続ける。

集団で現れた一位のゼッケンを見つけたので、追いすがるが追いつけず。しかし一位のゼッケンも集団からこぼれたので、つかず離れずで位置取り。疲れたフリをしてひたすら後ろから追いすがる作戦で走り切る。最後に交代のときに残りの足を振り絞って追い抜くがくっついてこられる。でもピットインはこちらだけだったので、はせさんに託す。

後はひたすら順位とにらめっこ。最終的にtarowaxさんがラストランを決めて、男女混合で二位になれた。


自転車生活初めての表彰台。のんこといっしょに登る。嬉しかった。

家族みんなで押しかけてもいつもニコニコと暖かく迎えてくれるECUのメンバーに、改めて感謝。

2013年10月30日水曜日

2013年8月11日日曜日

まなつくばで地獄の暑さを味わってきた(10時間 耐久サイクリング in 筑波サーキット)

他人のblogにリンク貼って終わらせようと思ってたのに…w
いや、嘘です。真面目に書きますw

発端は某ERATEHというチームのzeroさんに誘われたからだったと思った。

「涼しいサーキットでかわいいオニャノコたちとキャッキャウフフするサイクリングがありますけど行きませんか~?」と。

二つ返事でOKし、チーム戦ということだったので、ファンライドチームとして、ERATEH Bチームの末席に加えていただいた。

ちなみにチーム編成はこんな感じ。
ERATEH Aチーム。
左から、くろちゃん、ジマ王、zeroさん、lumoさん、makotoさん
イケメン揃いでガチナンパを狙う。

ERATEH Bチーム。
左から、yuuさんさとしさんやまぞうPM、未出走のシクロクロッサーkana
イケメンチームの乗り捨てたおこぼれを狙う。

写真はないが、る散るさん率いるAKR熱中走チーム
るちるさん、ラスボスさん、やすさん、わっかーさん。
翌日に予定されていたサマソニのチケットや某輪業から転がしてきたシャマルの闇取引などを狙う。

とまあねつ造はそのくらいにして、試走から最後までトピックを一括で。

・到着~試走
前日夜中に出発。22時まで保育園の用事、飯食って準備して風呂入って寝たけど眠れなかったので結局寝ないで出発。
ラスボスさんが送迎。本当にありがとうございました。

現地に到着して、まずやったことはメンバーに向けての土下座。
ドヤ顔でやかん持っていきますわとか言ってたのにあっさり忘れてきた罰ゲーム。
しかしみなさん紳士揃いなので笑顔で許してくれる。合間合間にやかんネタを挟みつつ。

開場してベース設営。この辺は昨年も参加していたzeroさんの手腕が光った。
迅速に場所を確保し、最高のポイントに設営。

そして試走。すでにこの時点でクソ暑い。クソなんて言葉使っちゃいけません。と思うが思わず使っちゃうくらいクソ暑い。
路面は富士の方がきれい。高低差はほぼない。ホームストレート後くらい?
試走の様子は動画に収めたのでそちらをご覧ください。

・一巡目(さとしさんからの繋ぎ)
好調に周回してきたさとしさんからタスキを受け取り出走。
ピットレーンの速度制限と前方でクリートの取り付けに手間取る人に遭遇していきなりドン詰まるwww
気を取り直して周回開始。ほぼ一人旅。後半にちらっとトレインぽいものに遭遇したけれど、淡々とピットイン。
最初なので余裕もあって、投げキッスとかしてた記憶があるw

・二巡目
記憶にない。とりあえず30分近くは走るつもりで走った。
トレインに乗れたので足については楽はできた。ただ、頭痛と吐き気が酷かった。
なめてた。真夏の筑波。やべぇ、泣きそう・・・ってこの時点で思った。
一応、ピットインする前にガツンとアタックかけてトレインを抜かし、yuuさんが同じトレインに乗れるように頑張ったつもり。

・三巡目
昼食前の出走。昼すぎてたけど、吐き気が酷くて飯食うどころじゃなかった。
この順番もほとんど記憶がない。ただラップとタイムだけ見ながら、ふらつかないように、あとはとにかく一定のペースで、心拍を上げすぎないように、水をペースに合わせて飲む、被ることを考えて走った。
ボトルに真水じゃなくスポドリ入れてるのを忘れて被ってべったべたになった。
でもすぐ汗で流れたね。そのくらい暑い。このときガーミンの温度計が48.3度だかそのくらいをマーク。見たことないwww

・四巡目。
昼食後のライド。うどんを食べて炭水化物も補給できたし、食堂で延々クーラーにあたって体を冷やせたおかげで脚はよく回った。
トレインもできて、半分くらい先頭引いた気もするけど、割と粘れた。

ここまではよかった。

四巡目に入る前、パイプ椅子に腰かけていたところ、まさかの落車(椅子から)。
アルミフレームの老朽化によってパイプが折れていた。
このとき体を捻って左の脇の筋を痛めてしまった。これがきつかった。
ブラケットを持つとき、肘を折り曲げて腕をたたむと思うのだが、このフォームをすると、捻った筋が痛い。走ってる最中にイデデデデ!って言っちゃうくらい痛かった。

ということで、上ハン、もしくは下ハンという不便な状態で走ることになっていた。

ところが、ラスト二周のサインを出した後、突然のおう吐感。そして右太ももの痙攣。
痙攣のおかげでトレインからちぎれて残り二周はソロで走ることに。
まあペースを抑えれば走るのは苦ではないのだが、とにかく吐き気が酷い。
最後二周どう走ったかいまいち覚えていないのだ。

・熱中しすぎ
四巡目終わらせて、食堂でクールダウンしているときにそれはきた。
我慢できないくらいの吐き気にトイレに駆け込む。

走る前に食べたうどんが出てきた。ついでにめまいがして、しばらく食堂から動けなくなった。
ただ机に突っ伏していると意識を失いそうになる&寒気がするので、思い切って食堂からベースに戻った。
このタイミングで、待機していたさとしさんに、熱中症にかかったことを伝えてシートの上に倒れこんだ。

あれこれと試行錯誤したけれど、結果として、順番をスキップして、yuuさんが先に走ってくれることになった。
あとでヤスさんに聞いたのだが、yuuさんが自分で代わると言ってくれたらしい。
出走前に、僕に「何なら二人分スキップしてくれてもいい」と言って走っていった。

その後、yuuさんは早いトレインに乗りながらもかなりの時間を走ってくれた。
その間、ひたすら頭と体をクールダウンし、吐き気は何とか収まったので、yuuさんの次に出走することにした。
このとき、自分の体を落ち着かせるために、Aチームのメンバーのマッサージをしたりしていたのだが、これが将来の僕の天職を決める出来事になろうとは、このときは誰も予想していなかったでありマッサー。

・五巡目
時間は短いかもしれないけれど、とにかく走れる限り走ろう。それから無理せず、同じような状態の人に積極的に声をかけて走ろう。
そう決めて、淡々とペースを守りながら、速度があまり変わらない人を見つけたら抜き際に合図して俺のトレイン、略して俺インを作っていった。
ペースは決して早くはないが、疲労をみんなで和らげる良いトレインができたと思う。
当初は僕ともう一人のイエローのジャージの人しかひいてくれなくてキツかったが、交代の際、後ろに聞こえるように「もっと後ろの人たちにも引いてもらいたいっすね!」と叫んで下がったおかげか、そこからは先頭交代が活発化。

ただ、みんな先頭になると速度を上げがち、かつ長く長く引くので、交代した後に徐々にちぎれていってしまっていた。そんなこんなで16分くらい走って交代。
気温が下がっていて、吐き気は収まったものの、このあたりからは脚にダメージが蓄積されていた。

・ラストラン前~ゴール
ラストランの前走はyuuさん。予定では20分弱走って僕に交代。交代後に僕が5分から10分程度走って最後にやまぞうさんに交代、という予定だった。
しかし、満身創痍のはずなのに、ひたすら周回を重ねるyuuさん。
さとしさんや僕が声をかけて交代を促しても、手を振るだけでトレインに乗り続ける。
ピットクローズ7、8分前の段階でようやく交代の合図。クローズ前4分前に交代になった。

この時点でもうとにかくyuuさんの漢気に応える走りをすることだけに集中していた。周りの声が聞こえていなくて、水の補給忘れや、ピットの位置を間違えたりとか。とにかくyuuさんが無事に戻ってきてくれることを祈った。
戻ってきたyuuさんとがっちり握手。このときもう既に感激して泣きそうだった。
さとしさんにアンクルバンドを付けてもらい、やまぞうさんに背中を押され、出走。

できればギリギリでピットインしたかったが、ピットクローズまでにピットレーンに辿り着けず、勢い、ラストランを務めることに。
こうなったらできるだけ周回数を稼ぐぞと思って二周目踏んでいくと、左足のふくらはぎが攣った。
攣った場所が下り基調だったので即足を外して片足ぺダリングしながら左足を振る。
ペダルを付けてギアを重めにしてゆっくり右足で踏み、左足は添えるだけ。
スピードは見ない。時計だけ見てとにかく走った。

ホームストレートで聞こえてくるみんなの声。さとしさん、やまぞうさん、yuuさん、じまさん、まこさん、くろちゃん、lumoさん。

不思議なことに、全員の声がきっちり個別に聞き取れる。
限界で答えることができなかったけど、毎周回、しっかり届いていた。

そしてすごいスピードで追い越していくzeroさんのトレイン。
見えてるよってことを伝えたいだけでとにかく頑張れと叫んだ。半分は自分に対して叫んでいたようなものだけど。
いけるところまで追いすがるその背中に勇気づけられた。

毎周回、ホームストレートを抜けた上りで左のふくらはぎが痙攣して、それを次のヘアピンまでに、拳で叩いて、水かけて、足を振ってペダルを踏み続けた。

そして最終周回になるかどうか、という最後の一周で、奇跡としか言いようがないのだけど、先行していたヤスさんに追いついた。
頑張れタイムアップ一秒前くらいに計測ポイントを切れそうだったけど、ヤスさんと話して一緒にこのままゴールしましょう。と。

あとは周りの人たちとも、お疲れ様でした!と声を掛け合いながら、ゆっくりとゴールへ吸い込まれる。ヤスさんが手を掲げてくれて、握手でゴールを迎えた。

ウイニングランでたくさんの観客に声援をもらい、何ていうか、色々な気持ちがこみ上げてきて、しばらく何も言えなかった。
ゆっくりとチームメンバーがいるポイントに向かい、自転車から降りた。
みんなにもみくちゃにされたけど、もう何ていうかいい意味でなんでもいいやと思ったwそんなことより足が攣ってるよとも思ったw

まこさんが速攻で筋伸ばしてくれたのがすごいありがたかった。

そんなわけで、初めての筑波サーキットでの耐久走は幕を閉じた。
役目を終えたサーキットは静かだった。

最後に自身の反省点と今後の課題をまとめておきたい。

- 寝ろ
睡眠不足はやっぱりまずい。自転車イベントにはつきものだけど、保育園の用事をスルーすることも必要だったと思った。
まあ、家庭>趣味なので、いかんともしがたいけれど。

- 暑さ対策
正直なめてた。というか、無知すぎた。
もっと体を冷やす手段や熱中症を防ぐ手立てを考えておくべきだったと思う。
とはいえ、あの状況(阿鼻叫喚の灼熱地獄)では限界もあったと思うし、決してチームやベースの準備が不足していたとは思わない。
自分自身の対策をもう少し考えられなかったかな、ということだ。

ちなみに頭痛はまだ引いてない。熱中症怖い。マジで怖い。

- もっと自転車に乗ろう
やっぱり乗り込んでいる人は強い。限界点は誰にでもあるけれど、その限界を高めることで、暑い中でもどこまでパフォーマンスを上げられるかが決まるのだと思った。くろちゃんの進化っぷりを間近に見て、本当にそう思った。

細かい点を挙げればまだ色々あるけれど、個人的なものはこのくらい。
Aチームのみなさん、AKRチームのみなさん、特に負傷&疲れているにもかかわらず快くyuuさんと僕を送迎してくれたラスボスさん、
いつも笑顔で走り続けてみんなを励ましてくれたさとしさん、常にみんなのテンションを上げ続けたやまぞうさん、そして、倒れた僕の代わりに順番をスキップし、最後までタフな走りを見せてくれたyuuさん、大会に参加されたすべてのみなさんにありがとうと言いたい。

来年…出るのかな。出るんだろうな…きっと。正直、走っている最中は常に「俺なんでこんな苦行を」と思ってたけれど、終わってみれば、またこのメンバーと一緒にここを走りたい、という気持ちがむくむくと湧き上がっている。
その時に今年の自分よりもっと強くなっていたい。そう思える良い大会だったと思う。

やべぇ、泣きそう(推敲中に)。

2013年7月17日水曜日

クランク沼にハマる

ご無沙汰です。最近は自転車からやや離れた生活を送っており、充実しているのやらしていないのやらという感じです。

さて、そんなことをいいながらも、先日暑い夜にナイトライドをしてきたのですが、その時に気づいたcinqoの数値の異常と、それに伴うチェーンリングボルトの破損。

新REDのクランクはチェーンリングボルトのうち一本がクランクアームの裏に着いています。

このボルトにクラックを確認しました。

解決策として、別のスチールボルトで締めるという案も検討したのですが、ちょうど良い機会だったのでチェーンリングの交換にいこうと思いたちました。

REDにはPCD110で使える52T-36Tというチェーンリングの組み合わせがあります。

現在の50-34Tから交換した場合のPMの再校正は不要なので、チェーンリングごと交換しよう!そうしよう!と。

いそいそとパーツを集めてさあクランクを外そう、と試みるも、フィキシングボルトを8mmランチで回すと外の16mmのクランクキャップがクランクアームが外れる前に共回りして、クランクアームが外れないw

クランクアームが外れる前にクランクキャップが共回りしてしまいます。

一度外してフィキシングボルトやキャップを適性トルクで締め直したり色々試してみましたがどうあがいても外れてくれず。

チェーンリングの交換はまだ先になりそうであります。

組み付けの時は全く苦労せず取り付けられたんだけどなぁ。

るちる輪業さんかタロウ輪業さんに相談してみようかしら…。

2013年6月3日月曜日

富士ヒルクライム 試走に行ってきた

こんばんは。最近はトレーニングばかりで実走がないのでBlogが書けませんでしたが、この週末に富士ヒルクライムの試走に行ってきたのでその記事を書こうと思います。


準備をして車を借りて、試走会場である富士北麓公園に向かいます。
会場に着くと、なぜかたくさんの人、そしてテント。面白そうなので、見て回ることにしました。

あの方も試走にいらしていたようです。ステッカー売っていたので二枚ほど購入。

パールイズミもテントを出していたようで、なんとチーバさんのジャージを発見。
売り物ではないようです(手:偶然居合わせたアニージャさん)。

さらにさらに、我が愛車メテオランチの生みの親であるグラファイトデザインさんもなぜかテントを出しておられました。
生T800!! 初めて見たけどかっこいい!! ほしい!!
話を聞くと、グラファイトデザイン・オーナーズプログラムというものを開催していて、GDRジャージを配布しているとのこと。
試走後に来ても良いか聞くと快くOKしてくださったので、後日寄ることにしました。

そして、な、なんと。偶然試走に訪れたこの会場に、これまた偶然。
イモトアヤコ!!!!!
超いい人だった、しかもトークショーだったようなのですが、なんと自転車好きで、ロード二台に折りたたみ一台を持っているんですって。
私も富士山登ってみたいですわーとか割とガチに話していました。

あとはRxLソックスという靴下を購入。なんかいいらしい。足のサイズを見てLサイズを購入。足のサイズを見てLサイズを購入。

さてさて、そんなこんなで試走に来たわけですが、一泊してから試走をするつもりだったのですが、今夜の宿をどうしようかと迷っておりましたところ、先ほども話に出たたまたま試走に訪れていたアニージャさんこと @tom_ricky さんと、これまたたまたま富士山の撮影に訪れていたユウさんがいらっしゃったのでご挨拶。
話を聞くと、宿に空きがあるというので、ご一緒させていただくことにしました。

三人で明日の試走に向けて買い物も済ませ、謎の洞窟風店舗でほうとうを晩飯に食して宿で話していると、携帯に着信。

「あ、かなさん? オレだよオレオレ、今富士にいるんだけどさー」
とだーさんこと @street_lethal さんが。
あ、富士にいるんですか、じゃあ宿に遊びに来ます? というと、たまたま近くにいたようなので、お迎えに。

四人になった宿で、今日買った靴下を履いてみようということで履いてみると。

…踵がくるぶしくらいの高さにくる。踵を合わせるとつま先が余る。
たまたま自転車を持ってきて、同じ靴下をはいていただーさんのはジャストフィット。

「サイズ違うんじゃない?」とかいろいろ言われつつも、せっかく購入したのでつま先も踵もややずれてるような微妙な妥協点を探してそこに落ち着く。
足首がきゅっと締まっていい感じなのだけれど、どうもつま先とかかとが気になる。

あ、そういえば、北麓公園で参加賞ですと言って座布団をもらったんだった。
椅子のない宿だったので重宝しました。後でわかったのだけど、これ、なんとホイールも入るんですよ!

そんな感じで試走前夜は更けていき、みんなでおやすみなさい。
まさかの二段ベッド。
二段ベッドは構わんのだけど、175センチの僕が縦に寝て頭とかかとがぴったりくっつく感じ。だーさんは余裕そうだったけど、アニージャさんは辛そうだったw
しんどい感じで就寝するも、いつも通り気が張って眠れない。まあイベント、おっと試走前はいつもそうだから気にせず目を瞑って耐える。
たぶん2時間くらいは寝たと思う。

当日
朝が来て、4時半頃に起きる。みんなと一緒に試走の準備。試走なのになんとトラックが下山用の荷物を運んでくれるんだそうで。預けにいって、みんながローラーでアップする中、坂を下って登るというアップを4往復ほど。

前日にアニージャさんがわけてくれたグリコのサプリのおかげか? 足が割と良く回り、FTP近辺で登るのが苦じゃなかった。
そんな感じで試走準備完了。いざ試走!と勇んで行ったら、なぜか順番ですと言われたので仕方なく並ぶ。何と僕の前に7000人くらいの人。
みんな試走しすぎじゃね? と不満に思うけれどもひたすら待つ。順番の早かったユウさん、だーさん、アニージャさんは先に行く。

試走前に、アニージャさんにいただいたメイタンの秘密兵器「2RUN」を飲む。
これが効いた。つりそでつらない、という気持ち悪い領域で筋肉を支え続けてくれた。限界近くまで振り絞れたのはこいつのおかげだと思う。
たぶん靴下よりこっちを買うべきだったかもしれん。売ってなかったけど。

さて、自分の順番になる。試走の際には動画を撮影するぜー!と思って持参のoproちゃんの電源をON。
…あれ? なんでバッテリーがないの?

はい、Gopro HERO3にはWifiでスマホと接続する機能がございます。
普段無線LANはオフにしているのだけど、どうも自転車を運んでくる段階でONになってしまっていたらしい。
電波飛ばしまくりで電池が消耗していたようだ。一応撮影してみたけれど、計測開始地点にすら至らなかったので消したw

orz

ま、まあ気を取り直して試走のことを詳しく書こう。

最初の5キロは20分で、と決めて、頑張ってみる。前日頑張りすぎないように、とアニージャさんに言われていたのに、なんか周りの雰囲気に押されてガシガシ踏む。気づけば20分を245Wで走っている。FTP超えてた。

しかしところがこの辺は意外と平気。まだまだいけるぜ!と勘違いして三合目くらいまでは結構いいペースで進んでいった。

しかし、だ。三合目を超えたあたりから、吹きおろしの風が向かい風となって、斜度をあげてくる。風よけになりそうな人もおらず、ひたすら踏み続ける。
だんだん口の中というか気管支か? に血の味がこみあげてくる。
それでも踏めるところまで踏む。と頑張っていく。

19キロ地点。もっともきついところだが、ここで負けたら目標達成できない、と思って頑張る。3:48で登る。たぶん僕の中では最速のはず。

が、登り切って次の7%くらいの坂で、気管支がヒューヒュー言い出した。
そう。ぜんそくの発作が…w
酸素の重要さを痛感した。気持ちは折れてなかったんだけど、体が全くいうことを聞かない。
踏んでも力を足の先端まで巡らせることができない。ダンシングして体を起こして胸を開いてあえいでも、酸素が入ってこない。筋肉が動かない。

そんな状態でフラット地点に到達したもんだから、踏んでも踏んでもスピードが出ない。
吐きそうになりながら下ハンに文字通りしがみついて踏ん張っていると、下山待機中のユウさんが「かなさん頑張れ!」と声をかけてくれた。

おうよ!! とばかりに踏みまくれるはずもなく・・・w 最後の坂をギリギリ登り切ったらゴール。ガーミンのタイムで1h35m。目標達成ならず。

こうして今年の富士試走は残念な結果に終わったのでした。でもこれを活かして本番では目標達成に向けて頑張ります!!

頑張ります!!!


…がんばり…ますorz




くやしいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!

何が悔しいって、去年より絶対に頑張ったのに記録が落ちてることが悔しい。
去年はもっと楽に登って1h32mだった。それが今年は血の味を感じ、下山してから翌日深夜の今現在もなお咳が出るレベルまで頑張ったのに、結果が伴わなかったこと。
トレーニングも去年よりたくさん積んだ。絶対いけると思ってた。
思い返してみても何が悪かったのかなんて全然わかんない。しいて言えば去年よりは一歳おっさんになってはいる。でもそんなの関係ないよね。

何が足りなかったのかわからない。だから困る。

そんなわけで、前日の宿でユウさんが教えてくださった、呼吸器系の鍛錬器具、パワーブリーズ、さっそく注文しました。
唯一、登坂中にぜんそくの発作を起こしたことで酸素の重要度を痛感したから。

また鍛え直しだ。悔しいけれど、これが今の僕の全力であると。そう受け止めてまた頑張ります。

同宿のユウさん、アニージャさん、だーさん、宿を手配してくれたタロウさん、ありがとうございました。

ホイール(おれのじゃないけど)をわざわざドギーパークまで持ってきてくれて、待っていてくれたまたまるさんもありがとうございました。
あ、ゴールドゼッケンおめでとうございます。マジうらやましいっすw

そして、苦しくもとても楽しい大会を企画運営してくれたスタッフのみなさんに、お礼を言いたいと思います。今年も楽しい富士HCでした。ありがとうございました!

データ(だーさんのまねw)

平均速度 (km/h): 15.1
平均出力 (ワット): 217
平均心拍数 (拍/分): 157
平均ケイデンス (rpm): 73
Temp (C): 14.8

Speed (km/h): 30.5
最大出力 (ワット): 727
最大心拍数 (bpm): 213
Cadence (rpm): 96
Temp (C): 17.0

xPower (ワット): 220
Relative Intensity: 0.907
BikeScore™: 131
Daniels Points: 108
Daniels EqP (ワット): 221
TRIMPポイント: 199
エアロビック・デカップリング (%): 9.08

2013年5月21日火曜日

FTP更新 - MAPテストで朝からハァハァ

データはSTRAVAなんぞを見てくださいまし。
先日ブログでyuuさんがMAPテストでFTP計測したよという記事を書かれていたので、じゃあ僕もやってみるべ、ということでやってみました。

昔測ったときは、いわゆる儀式で出した値との乖離が大きかったのですが、今回は概ね妥当な値が出たようです。

結果を先に書いておくと、324wが1分の最大値だったので、そこから0.75をかけて、243wとなりました。

過去の儀式で出した235wを更新しました。

計測は朝の6時から開始。朝ごはんも食べていないし、昨日は遅番で夜もしっかり眠れていないのですが、朝の計測にしたのは理由があります。

自転車レースやイベントの多くが朝早いので、同じような条件で計測することが肝要かなと考えました。
朝ごはんは食べてからやるべきかなと思っていたのですが、寝坊したのでw

とりあえず20分のWUは120〜140wくらいで軽く軽く回します。

そこから計測開始。僕はデブちんなので200wからスタート。

1分ごとに25wずつパワーを上げて維持していきます。

で、最後は350w出すべきところまで踏んで力つきました。
感覚的にはもう一分、375wならできなくない気もしましたが、できる気がしたのは感覚だけでしたw

終わってクールダウン中、目の前が白黒点滅しましたw

とまあそんな感じで、これからはFTP243wということでトレーニング積むことにします。

GCのCPカーブで算出された値ともほぼ同じで、自分の身体的な感覚とも近いと思うので、それなりに信憑性は高いと考えています。

体重から考えるとあと40wは欲しいんですけどね…orz

が、頑張りますw

2013年5月11日土曜日

ベム、ベラ、富士ベロ!!

暫定九位でDNF決定。撤収しました。

とにかく雨がすごくて、コーナーがやたら滑る滑る。
第一コーナー下って次のコーナーでいきなりフロントが滑った拍子に跳ねて転びかけた。

ブリッツェンの選手に引いてもらってツキ切れしたり、苦手な登りで何人かまとめて引っ張って酸欠になりかけたり、なかなか血の味のするレースでした。

今回もGoProで動画を撮ったので、帰宅後、編集してアップします。

サーキットレースの動画は初なので、楽しみだぜ!

2013年4月30日火曜日

ツール・ド・親分 HINOHARA ステージ


はいっ、ゴールデンウィーク前半戦終了のお知らせ。kanaです。
三連休はうち二日乗ろうと思っていましたが、一日目は左わき腹の痛みでDNS。
好天の中昼から燃焼系ローラーを1時間ほどして終了しました。
青空の下、風の吹かないベランダで回す固定ローラー。いやあ、気持ち悪かったw
終わってシャワー浴びた後は気持ちよかったですがw

そしてタイトル通り、4月28日。ツール・ド・親分 HINOHARAステージに参加してきました。
巷ではOTR(親分・特急・ライド)とか言うらしいっす。

親分とは、いつもERATEHチームメンに慕われてるロングライドマイスターなC59のりさん(以下のりさん)のこと。
親分のトレーニング?の一環として、秋ヶ瀬から自走で都民の森を目指す旅に同行させていただきました。


ルートはこちら。自宅からだとおおよそ180キロの旅でした。

同行者は皆の親分 のりさん。
腹黒エース くろけん。
エログロエース jimaoさん。
ゾンダ馬鹿な! な剛脚 アッキーさん。
オー○スポ○ツよりいい写真の撮れるできるオトコ さとしさん。
シクロ命のPM やまぞうさん。
ECU屈指のヒルクライマー だーさん。
良く考えてみたらロングライド久々だったよ雑魚め kana
の八名でお送りします。

秋ヶ瀬に着いたらアッキーさんが若干待ち合わせ場所とは違う場所で待ち合わせていたので、軽く談笑していると、さとしさんがわざわざ呼びに来てくれましたw
談笑しているところにお見送り隊のヒデヲさん、ヤスさん、miyaさんも加わって、みんなで腹黒いフォイルを弄りつつ、主催のやまぞうPMを待ちます。
集合時間の7時を過ぎてもやってこないPMに、親分がしびれを切らしそうになってないけど若干僕がしびれを切らした時に、PMはおいでになりました。

「おうおめーら!御苦労御苦労!」と言って肩にOREBAを担いでいます。その姿に誰も文句は言えず、にこやかにスタート。
※半分ほど嘘です。

ここからはダイジェストで(ぇ

自走で都民の森に行って登るというのに、みんなペースが速い。
32くらいで巡航するようなペースで牽いてたら、剛脚ツーキニストのあっきーさんに、心配そうな顔で代わりましょうか!って言われて後ろに下げられるorz
登りが待ってるのでのんびりペースにしたのに、再び35キロくらいで巡航するw

今回は青梅側から行ったので、都民の前に一度プチ峠的な登りが。既にここでこと切れる俺。
前日もヒャッホイしたのにアタックとかしてる腹黒。その手前のコンビニでDi2のケーブル抜けて修理してたのに。さとしさんに借り物のR1Ltdに変な汁垂らしてた癖に。クロテグラコンポの癖に。ここでケーブル抜けれ(ry

五日市駅前のセブンイレブンで先に登って下ってきたmakotoさんに会う。
もう一回おかわりは?って誘ったけど、もういい!って断られる。

再びスタート。実はこの時点で左のふくらはぎに張りがあった。が、ここからは緩々だろうと思って気にせず行ってしまった。今思うとあのセブンで補給しておけばよかったのかなーとも。
その後、最後の休憩ポイントである街道沿いのセブンイレブンで補給して、TT開始地点までゆるく先頭を牽く。
前方にややペース遅めの集団がいたけど集団が長くて抜きにくいと思ったのもあるけど、まあどうせすぐ止まるしなと。

TT開始地点のナントカ橋(名前忘れたw)でGoProをセットして、録画開始。
同時にTT開始。ここからは各自のペースで。と言っていたのだけれども、早々にがーーーーっと走り去って行ったさとしさんをビデオに収めるべく踏んだりして、今思うとアホなことを・・・w

数馬の湯にたどり着く前から、左ふくらはぎと右に内腿がピキピキし始めるw

数馬の湯くらいまではごまかしごまかしして進んでいったのだけれど、この辺から斜度が上がり始める。ダンシングを多用しようとする。右内腿が攣りかける。シッティングする。ふくらはぎが攣りかける。 ダンシングry

そんな感じで走っていた時、突然やってきた。左ふくらはぎと右内腿に同時に痛みがw
シッティングもダンシングも封印され、何とかフラフラになりつつ、道の端に寄って、まさかの足つきorz

筋を伸ばしてストレッチして、休憩して、とやってはみたものの、 その後も何度も攣りまくり、ぼろぼろになって頂上へ。
タイムは1時間25分くらい。最弱であります。
皆さんに謝りつつ、攣った足を延ばす。うーん。痛みが引かない。まずいなーこれは。

そんな俺を気遣って、ゆっくり目のペースで先頭を牽いて下さった親分の背中が広く見えました。
おかげで帰る頃にはふくらはぎの痛みも内腿の痛みも、そこまで酷いこともなく。

秋ヶ瀬手前で下流組(だーさん、あっきーさん、俺)だけ別れて帰路へ。
35強で巡航してても平気なくらいには回復しました。帰り道で、志村坂は今日は無理だわーとか言ってるのに、PB出すんでしょ?とかだーさんに煽られたので頑張って踏んだ。
PB出なかったけど、過去5番目くらいのペースで登ったw

帰宅してシャワーして倒れこんで終わりです。

皆さんありがとうございました。ご迷惑おかけして本当に申し訳ないっす。
ロングも山も久々だったので、体が全然ついていかなかったです。しかし恐ろしいほど練習にはなったので、また参加したいと思います。何より楽しかった。

 談笑する面々。「いやいやなかなかいいペースだね」「そうですか?俺はまだいけますよ?」

フリーチケットでロング&ヒルクラデビューのあっきーさん喜びの舞。

 クロテグラDi2グロッシーグレーを搭載したくろけんの真・フォエロ。ホイール借り物で下が変な汁がこびりついていたらしい。Japanese BUK○AKE!!

 やまゾンダPMと白ECUジャージの似合うだーさん。

黄昏親分。「まだまだ走り足りんのう・・・」と言っていたとかいないとか。

動画は現在鋭意編集中です。一人で走ってる区間が多すぎて・・・orz

2013年4月23日火曜日

URLが変更になりました。

当BlogはBloggerを利用していますが、kanazon.comドメインを 利用することにしました。
新しいURLは http://blog.kanazon.com です。

利用していたhttp://phoenix-kana.blogspot.comは自動的にリダイレクトされます。

本当はレンタルサーバーを借りてWordpressに移行しようかなと思ったんですが、
今のデザイン割と好きだし、過去の記事を維持したかったのでこの形を採用しました。

今後とも、よろしくお願いします。

2013年4月22日月曜日

情報セキュリティスペシャリストを受験してきました

たまにはマジメにw

昨日 IPA H25春期情報処理技術者試験の情報セキュリティスペシャリスト(SC)試験を受験しました。

試験は大まかに四試験あります。合格基準はすべての試験で60点以上です。

失格した試験があればそれ以降の試験は採点すらされません。

【午前I】情報セキュリティスペシャリスト(SC)など一部の高度情報技術者試験の基礎試験となります。

この試験ではSC以外にもアプリケーション、ネットワーク、PM、法務、経営知識など全般的なIT知識が問われます。個人的にはここが肝だと思ったので、事前の勉強は全てここに費やしました。

四択30問です。午前Iは合格すれば二年の受験免除が受けられます(再試験、他の高度試験問わず)


【午前II】SCの専門試験(四択25問)です。

技術の説明、脅威と対策、リスクなど、セキュリティに関わる問題が多く問われます。

一部、IPv6や無線LAN、RFIDなど、セキュリティとは直接的な関連がないものも出題されました。

昨今はDNSのキャッシュポイズニング、標的型攻撃、ソーシャルエンジニアリングが話題なこともあって、

その辺の問題も多く出題されている印象がありました。

製品特化ではなく、業界や脅威、セキュリティ、ネットワーク技術のトレンドをしっかり抑えていれば取れるという感じです。

ほぼ独力で受験しました

※午前I・IIは過去問からの出題そのまんまのものや、似せた(回答パターンや問題を少し変えたもの)が多数出題されます。
過去問題集をしっかりやっていれば取れると思います。


【午後I】SCの専門試験(記述式、選択二問)です。

四問のセキュリティに関するケーススタディ的な問題で、午前IIで問われた技術要素の詳細な内容や

それをどう利用するか、などが総合的に問われます。トラブルシューティングのシミュレーションに近い感じです。


今回私はマルウェア解析とIPアドレス詐称に関する問題を選択しました。

マルウェア解析については、提示されている情報を元にマルウェアの感染方法や攻撃者の目的を類推すること、

また、与えられた環境情報を元に対策方法の提案、攻撃者の目的などを問われました。
IPアドレス詐称についても同様で、発生したインシデント、環境情報から、攻撃の検出方法、対策、システムの改善提案について問われました。


【午後II】SCの専門試験(記述式、選択一問)です

二問から一問を選択する記述式試験で、午後Iをさらに複雑かつ難解にしたようなものです。

問題文だけで10ページくらいあるので、読むだけでもかなり消耗します。
ただ、その分問題の答えとなる要素が各所にちりばめられているので、落ち着いて読み込んでいけば

技術的に不明なところも、回答を推測できると思いました

今回はソフトウェアのリスクアセスメントとモデル企業の技術情報の情報システム化の問題が出題されました。

迷うことなく、後者を選択しました。顧客の要件(電子メールのセキュリティ、アーカイブ、電子ファイルの管理、災害対策)に合わせて、

問題点や改善点を記述式で回答します。とにかくいろいろ考えなければならないことがあって、脳をクロックアップしまくりました。


自己採点では午前I・IIは80点程度でクリアできていそうなので、午後の記述式の得点次第で合否が決まりそうです。

個人的にはできればもう受験したくない(ボリューム的に辛かった)ので、今回で受かっていることを祈ります。


午後問題は総合的な発想力、理解力(技術および文章の)、論理的な文章力が問われていると感じます。

システム設計、構築、維持管理、運用などの知識やいわゆる「現場で求められる力」を体系的に学ぶのにとても良いと思いました。

また、適度にセキュリティやIT技術に関するトレンドも抑えていることを確認されているような問題があるので、

新しい技術や脅威(今回だとDNSSECとかAPTが多く出題されていた)に対してもある程度の理解をしておくと良いと思います。

2013年4月11日木曜日

2013年4月8日月曜日

週末のこと

エンデューロ四時間編は忘れてしまいました。詳細はヒデヲさんのblogを読んで下さい。

今週末、先週末の悪天候の鬱憤晴らしたく、しかし雨と暴風の危険性もあり、彩湖朝練に行くことにしました。
特に約束はしていなかったのですが、6時ごろ現地に着くと既にレギュラーメンバーのmiyaさん、マコトさんが。

Twitterで新車なーうwwwwwとスコットの写真をアップしていたはずのくろちゃんは不在。新車にテンション上がって周回していた様子。すぐ戻ってきました。

ぼちぼちと集まって周回練習。以下自分用メモ。

ローラーの甲斐あってか、単独あるいは先頭の時のパワーの維持が少し楽になった感じ。

Goproがガタガタするのでアタッチメントの増し締めが必要そう。

仕掛けるところはしっかり考えよう。

アタックするなら後ろも疲弊させてナンボやで。

特に最後。毎回なんですが、後ろの人の発射台にしかなれてない。
もっと長く駆けるか、もっとドカンといくかしなきゃだめだなーと。

いずれにしても、練習、トレーニングあるのみですね。

突然の雨でしっかりきっちり練習というわけにはいかない感じでしたが、久々にERATEHメンバーと朝練してスッキリしました。

なおティのホイール試乗会とか色々楽しかったから良しとします。

夜は夜で先日の東京エンデューロやZeroさんの息子さん誕生祝いなどを兼ねた打ち上げ会 in 赤羽。

なんとタロウさんも参加してのなんだか不思議な会になっておりました。
長柄練にERATEHメンバーも参加しないか的な話やら、JCRCの話やら(これは主に俺だけか)、色々刺激をもらう会で楽しかったです。

5月のしもふさクリテ、6月の富士HCに向けて、モチベーションの上がる土曜日でありました。


実はトレーニング積んでも低めのパフォーマンスしか出なかったり、回復がえらい遅い(というよりは疲労が抜けない感じ)など、フィジカルには低迷している感があるのですが、ここで不貞腐れてホントに調子を落としても仕方が無いので、いつも通り、自分の体の感覚を信じながらボチボチやりたいと思います。

日曜日は家族で板橋の子ども動物園に行って疲れて寝ちゃいました。

2013年3月29日金曜日

とりあえずエントリーは終わりました

抽選式にしてくれ。もしくらサーバーをもっと増強してくれ。
と毎年思いながらも参加する富士ヒルクライムに今年もエントリー完了しました。

今年で初参加時の目標だった90分を切って卒業します。
参加したいのに参加できなかった人の分まで頑張ってみます。

まずはしもふさクリテだけどね。

また色んな人にお山に連れていってもらおう。

2013年3月22日金曜日

彩湖でエンデューロしてきた

今更感たっぷりですが、ロタで寝込んでたので…。

16日の土曜日、ファンライド主催のTOKYOエンデューロ RIVER STAGEに出場してきました。

今回はいつも彩湖で朝練に混ぜていただいている、ERATEHのメンバーに混ぜてもらって参加。
何となくですが、春先に皆で一丸になって出られるエンデューロレースってことで声をかけさせてもらいました。

参加したのは二チーム。

自転車担いで走るERATEHのシクロ部長、やまぞうさん率いるERATEH やまぞうチーム。
メンバーは次の四人。
シクロ部長、やまぞう
おかまバー「フォエロ」のママことjimao
ドラゴンボール並の修行モードで参加のyuu
腹黒エース、くろけん

そして、◯いフェチの◯職人◯◯ティ率いる、ERATEH なおティチーム。
こちらのメンバーは次の四人。
◯いとク◯のことなら世界一。実は◯ー◯ァー、◯◯ティ
俺を待たせるとはいい度胸じゃねーかの、親分ことC59のり
どこからでもアタックかける絶対的エース、ヒデヲ
不動の補欠、わたくしkana

以上八人、二チームでの参戦でありました。

実は親分とヒデヲさんは当初のメンバーが参加できなくなってしまったために参加してくれた救性主であります。

まあとりあえずハイライト的なあれこれをまとめてガーッと書いていきます。

【試走】
すでに動画をアップしましたが、とりあえず参加メンバー、応援に駆けつけてくれたあっきーさん、まことさん、ぜろさんと一緒にモリモリ試走。

かまぼこストレート後の坂を上がって下ってからのシケインが養生されていたけど段差ありすぎてむしろ怖かった。
レース中もここは相当減速して通過していました。続くストレートでインターバルっぽくダッシュが入るので、誰かがブリッジしないとトレインが切れてましたね。結構踏まされた記憶があります。

それから管理橋の手前から、一般の通行を確保するためだと思うけれども、コーン置いて道幅が制限されていました。これが狭い。
元々坂になっていることもあるので、あそこはもう少し幅を確保してほしかった。実際フラフラしてる人を追い越せずに急減速することも。

まあそんなこんなで試走を終えて、スタートを待ちます。

スターターは親分&yuuさん。二人とも良い位置でスタートし、そのまま集団に残ってタスキを繋いでくれていました。

【二時間の部、第一巡】
二時間の部は一人30分走って一回で終わりなので極力脚を使い切る形でいこうと決めていました。

交代のタイミングが少しずれて、先に駆けていったやまぞうさんを追いかけます。半周くらいかな?ピットから走り出して、重めのギアでゆっくり回して少しずつケイデンスとスピードを上げていきます。

ストレートの先の小さな背中を追いかけつつ、一人でゴリゴリと踏んでいきました。ここは少し前乗り気味で出力も高めでした。

しっかり脚を使って、シケイン手前の上りでやっとやまぞうさんを捕獲。
声をかけて、ストレートで少し休ませてと言うことで、やまぞうさんのペースで後ろを走行。
二分くらいかな。だんだんペースが緩み始めた&心拍が整ってきたので、先頭変わりますと言って前へ。
やまぞうさん以外にもあと二人くらい?ついてきてたような気がするも、とりあえずやまぞうさんのついてこられそうなペースで先頭をひきます。

管理橋を超えてホームストレートへ。
この辺まではやまぞうさんもついてきていることを確認していたので、同じ出力を意識して踏んでいきます。
疲れたらやまぞうさんに交代してもらうつもりで走っていたら、後ろでやまぞうさんの叫び声が。

振り返るとやまぞうさんが千切れてましたorz

後で聞くと、脚が攣ってしまったらしいですw

ということで、あと二人くらいかな? ケツに付けたまま走り続けますが、流石に力つきそうになっていたバックストレートで、速度の合う人を発見。
外国人の人と赤いLOOK乗りの人。
他にも一人か二人いたような気がしますが、先頭交代をきっちりやったのがこの三人だったので、よく覚えてません。

先頭を交代しつつ、四人か五人くらいのトレインで走ります。
ただし先頭は僕か外国人かLOOK乗りの人。平地は僕と外国人が長めに、坂はLOOKの人が引いていました。

ところが一周してあっさりトレイン崩壊w 残ったのが僕とLOOK乗りの人だけw

二人でローテして走ることに。このローテがきつかった。

LOOKの人が少し長め(ペースは少し緩め)に引いてくれ、僕が少し短め、ただしペースは結構キツめに引くのを繰り返します。
正直な話、二人なのでサボれないってのと、これで出番は終わりだからキツめ短めでローテしてペース上げたかったという気持ちがありまして…w

二人で頑張って引き合って、ピットイン前に隣に出てお礼を言って別れました。すごく心強かったし、助かりました。ありがとうございました。

ここでタスキをヒデヲさんに渡して僕の出番は終わりました。

戻ってストレッチしようとした瞬間大量の鼻血が!!www
咄嗟に手元にあった布で抑えたら、おろしたてのDEFEETのシューズカバーでしたorz

頑張ったのでよしとします。

ECUほかのお知り合いメンツの陣地に挨拶に行ってたら二時間の部終わってましたw ごめんヒデヲさんw

ということで、怒涛の四時間耐久編に続きます。

2013年3月13日水曜日

るちるプレゼンツ 揺れる中華屋飲み会

花粉の季節なので僕はノンアルコールでしたが、楽しいひとときを過ごさせていただきました。

自転車乗り同士で飲むと話も弾むし楽しい。
みんないい年の大人だけど、この時は男子高校生みたいなノリで笑いあえる。

この年になってそんな友人がたくさんできる事はとても幸せなことだなあと思うのです。

週末のエンデューロに向けて、あと二日、調整していきましょう!

ご一緒していただいたるちるさん、ぜろさん、jimaoさん、ちょこいさん、のりさん、しんちゃん、くろちゃん、miyaさん、ありがとうございました。

2013年3月9日土曜日

朝練がてら斜丸とGoPro HERO3のテストしてきた。

おはようございます。花粉が鼻から喉から目から何もかも反応している土曜日の昼です。
タイトルの通り、今朝斜丸とGoPro HERO3のテストがてら彩湖へ行ってきました。
前日にたまたまTwitterで何となく約束していたくろちゃんに、ヒデヲさん、マコトさん、miyaさん、そして練習終了後にオカマバー「フォエロ」のマスターjimaoさんが集まりました。

とりあえず斜丸の感想は、レーシングZEROと比べて足に優しい気がします。
踏んだ感じが、R0はガツンガツンといく感じとしたら、斜丸はスイスイという感じ。
気持ちよく踏めます。踏み過ぎて疲れたけど。
加速時の反応も良いですし、とても良いホイールだと思いました。

さて、GoPROの方ですが、こちらも結果は上々です。youtubeに動画をアップしています。

こちらは動画の撮影品質にもう少し検討の余地ありな気がします。
最高品質で撮影すると、変換や編集、アップロードが大変でした。

あと、microSDが認識しなくて焦った。XPのexFAT対応パッチあてて解決したけど。
GoPROはこれからもどんどん撮影して、色々試してみようと思います。

明日は葛西臨海公園を目指します。下流久々過ぎて道が不安です・・・w

今日のライドデータ。GARMINが日付と時間修正遅くて困った。

 

2013年3月7日木曜日

ローラー練の中身を少し分析してみるよ

今朝かな? Twitterでローラーでパワトレ中のパワーのバラつきについて話題になって、
面白そうだったので、今日は僕も夜ローラーの内容を少し分析してみようと思います。

普段パワーを見ながらトレーニングする時、僕はラップパワーを目標値に近づけることを目安にし、
ラップパワーと3秒平均のパワーを見ています。

今日のローラーはL4/10分、休憩10分、L4/10分、L4はいずれも現状の230wを目指して実行しました。
まずはStravaから引っ張ってきたグラフ。
真ん中辺りの直線は休憩でタイマーをストップしていたためです。
割と上下してますね。で、同じデータをGARMIN CONNECTに食わせてみると・・・。


こんな感じ。GARMIN CONNECTはタイマーストップを自動で省いてくれるので楽です。
パワーはやはり多少のバラつきがあります。まあ、この辺は実は心当たりがあったりもします。

先ほども書いたとおり、僕は基本的にラップパワーを目標値に近づけるべく、
現在の出力は3秒平均のパワーを見てトレーニングをしています。
といってもずっとにらめっこしているわけではなく、huluで仮面ライダーを見ながらですけど、
たまにメーターを見て、ラップパワーが目標値より低ければ少しパワーを上げ、高ければ抑える、
というような踏み方をしています。一応、安定したと思ったらまたメーターは見ずに極力自分の感覚で、脚を回すようにしています。仮面ライダー見たいし。

なので、パワーがゴツンと上がっているところのほとんどは、調整のために意図的に踏んだものです。
逆にガツンと落ち込んでいるところ、これはCinqoのせいだと思います。
時々回しているとケイデンスとパワーが0になったり著しく低下することがあるので。

まあそんな感じですが、最終的にはそれぞれのラップの平均パワーをいつもツイートしたり、トレーニングログとして記録しています。

急激なパワーの増減を省いたNPを見ると、228Wでおよそ目標に近く、かつツイートしている数値にも近いので、これで良しとしておきます。

なんかごめん。大して面白くない考察になっちゃった・・・w
結論としては、トレーニング後にある程度自分の目標値に近い平均パワーなりラップパワーが出せていれば、あんまり気にしなくても良いんじゃないだろうか。ってこってす。サーセンw

NEVER MIND

NIRVANA聞きまくってテンション上げ下げです。おはようございます!

出勤前なので簡潔に。

斜丸来たよ。

2013年2月27日水曜日

やっとテンション上がってきた

どうもどうも。GoPro届いたけど自宅待機なのでまだ試せてません。週末に隙を見ていったろかいと思ってます不良会社員です。

さてさて、まだまだ寒い日が続きますが、だんだん寒さも緩やかになってきて、春の気配(=花粉)もぼちぼちと顔を出してまいりました今日ですが、
春のしもふさクリテのエントリーが開始されました。
早速メールでも案内が届いたので、エントリーしておきました。

昨年の春、秋と悔しい思いをしたので、今度はより良い順位でゴールできるように、今からしっかり頑張りたいと思います。

トレーニングも底辺からの再開ではありますが、待機の週にもかかわらず、今週も頑張ってます。

続けることに慣れてしまえば、昨年の冬と同じように毎日やっても苦じゃなくなってくるし、きっと結果もついてくると思うので、低い数値に腐らず、あきらめず、へこたれずに、自分なりに頑張ります。

そしてやる気の発現とともに物欲も発現中。wiggleの上乗せ15%を使った13シャマルが欲しくて仕方ない病です。

赤いレーゼロまたは9000のC24TLが欲しかったのですが、カンパホイールも使ったことがないし、チューブレスもいけるし、シャマルだし、15%オフだし、先期の頑張りでちょっとしたボーナスも出たし、で危なくポチるところでした。

まだポチってない!! まだっていうか、R-sysあるし、ポチらない!
という心づもりではいますが、やはり普段はクリンチャーよりチューブレスがいーなーという気持ちと、あこがれのシャマルを履きたいという気持ちが背中をツンツンしています。

まあ、上乗せは明日までなので、明日を乗り切ればきっと勝てる、この物欲に!!

問題はその反動でなんか変なもん買わないかってところですなw
頑張ります(何を?


ところで、TwitterやFBでもお知らせしたのですが、僕の愛機一号である、AVEDIO VENUS SLやコンポの嫁ぎ先を募集しています。

基本的にはお知り合い(もしくはお知り合いのお知り合い)優先ということで、Twitter、FBでのコンタクトをお待ちしております。

2013年2月21日木曜日

重たい腰も心もようやく持ち上がってきました

先のエントリーを上げてまだそんなに日も経ってはいませんが、
今週の頭から、やっと重たい腰を上げてトレーニング再開しました。
今週は遅番なので朝起きて食事してからのトライ。

一日目は220wを4分でギブアップという体たらくでした。
二日目は219wを10分維持して、二本目でギブアップでした。
まあ、三ヶ月サボったツケだと思うので、ここからまた少しずつ積み上げていければ良いかなと思っています。

とりあえず目先のゴールとしては、3月16日に彩湖で行われるTOKYOエンデューロに出場するので、そこまでに220〜230wで10分二本いけるくらいに(昨年トレーニングを真面目に開始した頃)は戻していきたいです。

今のところ、心肺も筋肉も両方キツイですw
が、まあ一ヶ月積み上げていけば、少しはマシになると思うので、無理はしないをモットーに頑張ります。

その後は、5月の春のしもふさクリテをゴールに積み上げていく感じですかね。

そしてMt.FUJI ヒルクライム!
今年はエントリー費用が一万円というエントリー峠の斜度がさらに上がった感じですが、今年で卒業を目標として頑張ってエントリーしたいと思います。

あと、GoPro HERO3買った。

2013年2月15日金曜日

やる気がない

あけましておめでとうございます。
死亡説が流れていたとかいないとか、気がついたらセオフェス黄信号のまま停止しっぱなしでした。

どうもすみません。

タイトルの通りではありますが、少なからずBlogを読んで下さっている皆様に向けて、今更も今更ですが、昨年中のご愛顧の御礼と新年のご挨拶まで。

昨年はタロウさん率いる自転車チーム、ECUに参加させていただいて、草レースの端っこではありますが、エンデューロ以外のレースイベントや、沢山のイベントでECUの皆さんに大変お世話になりました。
家族含めて温かく迎えていただいて、本当にありがたいと思います。

また、ECUチームメイトでもあり、彩湖早朝練の仲間でもあるるちるさんたちAKR100の皆さんや、ERATEHのメンバーの皆さんにもたくさんお世話になりました。

たくさんの友達に囲まれて自転車生活がとても充実したと思います(本人比)。

さて、今年の目標ですが。
・春のしもふさクリて、ビギナー卒業(着に絡む or 次ステージ進出)
・富士ヒルクライム、1.5hr切り
・JCRC参戦
・淡路島ロングライド参加

この辺りを目標に掲げて頑張ろう

と思っていたのですが…。

年末に大きく体調を崩してから、ずっとモチベーションが低く、復調してきたかと思うとあれこれと精神的に疲労することが重なり、すっかりやる気がなくなってしまっています。

年明けの実走は先週末に出かけたOTR練(しかも途中で頭痛が酷くなりリタイヤ)だけという体たらく。

ローラーもほぼやってない、月間走行距離?何それおいしいの?という状態であります。

いや、このままじゃいかん。自分でもそう思ってますし、実際焦りとか自分への憤りもあるんです。

ただ、如何にもこうにもやる気が湧かない。自転車だけではないんですけれども、何事に対しても集中できなかったり、気持ちが前を向かないといいますか。

自分の心に原因があるのかな、と漠然とですが感じています。
そんなわけで、もう開き直って、乗りたくなきゃ乗らない!というスタンスで、自分の中の気持ちとかフィジカルが持ち上がってくるのを待つことにしました。

幸い、こんな僕にもライドのお誘いを下さる方々がいるので、声をかけていただいたときに、行こう、と思えたらできる範囲で乗ろう。そんな感じです。

例えるならば、今は満足に走ることができなくて、立ち上がるのがやっと、というよう状態ですが、春に向けて少しずつ少しずつ、自分のペースを取り戻していこうと思っていますので、皆様どうぞ、見捨てないで今年も温かく迎えていただければ幸いであります。

とりあえず今週末は天気が良かったら乗ろうかと思っていました…が…。

明日は路面が無理そうですな…orz

画像投稿テスト

メールで画像も投稿できるらしい。
これでPCから更新しなくても済むね。

メール投稿テスト

メールから投稿テスト。
皆さんあけましたおめでとうございました。僕は生きてます。