ページ

2012年6月25日月曜日

ターニップツアーとか週末の色々

さて、ぐったりしていましたが、記事まとめておこうと思います。

6/22 金曜日、SpeedPlayを買ったヒデヲさんがクリートの調子が悪いと言うので、夜にKeeponKoversの配達を兼ねて南浦和まで。
夜の17号さいたま方面は道は悪くも車少な目ペース早めで良いトレーニングになりました。
40分弱で現地に到着。メールするも応答なし。場所が遠いかな?と思ったのでもう少し近くまで行って電話。
しかしコールは鳴るも出ない。しばらく待って体が冷えてきたので、11時半くらいに帰宅する旨をメールして帰宅。帰りはさらに車が少なくて、良いトレーニングになりました。
やっぱりローラーより実走が楽しいね。信号戸田橋の階段がなければもっといいなあそこは。
土曜の早朝、ヒデヲさんから連絡があり、寝落ちしていたそうですwww
さて、次に会った時何を食べようかなーw
その後、クリートの調子は問題ないようだったので、とりあえずよかった。

6/23 土曜日、ターニップまで行って山も登ろうツアーを企画しました。


ログはこちら。なかなかいいペースで走れたと思います。
この日の参加者はECUから@ruirui311(るいさん)さん、@rutiru_cz4a(るちるさん)さん。
るちるさんに前日「おいkanaお前明日はメテオランチの最強仕様で来いよ。来ないとわかってんだろうな」
と脅されて泣きながらホイールをレースピに交換。ブレーキもスイスストップの黄色に交換。
カンパの純正シューは下りで鬼のように効かなかったので、スイスストップを投入であります。

るいさんとは戸田橋に8時半集合で約束していたので、少し早めに着くように出発。
戸田橋上から荒川を眺めます。
分かります?この路面。浸みだしが酷いです。ということで、戸田橋を渡ってさいたま側で待機。
8時20分くらいかな? るいさんが到着。アンカーのクロモリで颯爽とおいでになりました。
軽く挨拶して早速スタート。
笹目橋手前で一回一般道に下り、トンネルをくぐって再び荒川に復帰した後の駐車場?
砂利が転がっているところを走るときに、路面の砂利を避けた直後に「プシュー!」という音。
勢いよくフロントタイヤの空気が抜けました。

チューブラー初パンクorz

とりあえずTwitterに「パンクなうorz」とつぶやいて交換作業。
練習で何度かタイヤの付け外しはしていたし、チューブレスに比べれば全然楽勝なんで、
15分くらいでちゃちゃっと交換。ロードモーフで10気圧まで空気を入れてリスタートです。
写真? 作業に夢中でそんなの忘れてたよ!! るいさんに指摘されましたが、タイヤのサイドにざっくりとした切れ目が入ってました。
帰りに見たらガラスの破片が散らばってました。車か何かのガラスだと思われるけど、路肩に避けるなり持って帰るなりしてほしいものだ。

タイヤの調子を見ながら待ち合わせ場所の羽根倉橋に向かっていると、ECUジャージのまがい物のような黒いジャージを着たTIME乗りを発見。
るちるさんでありました。どうもスマホが壊れたらしく。この日はトラブル続きでしたw
ともかく合流し、先頭私でスタート。
るいさんとるちるさん、スタート直後でまだまだ元気いっぱいです。二人ともいい顔してる。

463号を車と並進しますが、下りかつ、車のおかげで空気抵抗もなく、快速に飛ばします。
GPSでルートを見て、速度はたまにしか確認できていなかったのですが、35キロ強くらいかな?
後ろの二人も割と余裕の表情だったので、キツさとしてはこのくらいのキツさで行くことに。
速度は坂や道で変わるので、心拍というか、体の負担を基準にして走ることにしました。

コンビニで休憩。るいさんのクロモリアンカーとるちるさんのTIME RXRS ULTEAM。

この辺から気温も上がってきて、結構暑かったです。でも梅雨の切れ間の良い天気に恵まれて、
走ってて気持ちよかった。

で、だ。ここから先はほとんど景色も出来事も記憶にありません。
バイパス区間抜けたら渋滞。渋滞抜けたら車も減ってきて、かつやや向かい風になって、
それでもペースをキツすぎず、緩すぎずでひたすら引き続けたので、もう必死でほとんど覚えてないのですw
山王峠を上ったことも、実はあまり記憶にないレベルw さすがに引き続けてタレて、最後尾でえっちらおっちら登った気がしますが、次回はそのまますっ飛んで行こうと思いますw

そしてひたすら山道を走り、目的地のターニップに到着!!
鳥観音?というそうですが、お店のおねーさんに聞いたら名前だけ教えてくれてあとモゴモゴしてたので「それ以上語るほどのことはないってことですね?w」ということで詳細は良く分かりませんw
どーん! 目的の焼きカレー!! 今日のポタリングの目的はカレー!! カレー班ですから!
焼きカレーです。チーズと卵が乗っかってて、超美味かった~。
メニューにはスパイシーカレー、スパイシー手羽先カレーというメニューもあり、気になるので、
あと二回は最低でも行くことになるでしょう。異論はありませんね?>カレー班
三人とも同じメニューを同じくらいのペースで完走、じゃねーや完食し、デザートのコーヒーゼリーを食して少しまったり。
お店の雰囲気も景色も良くて、とてもいいところでした。また来たい!

ごちそうさまでした!!! 
精算を済ませてお店を出ます。こんな感じでバイクラックもあり、自転車のお客を快く迎えてくれる、良いお店でした。
さあ、山伏峠・・・は脚が完全に終わってたので回避で、もと来た道を戻ることにw
帰りも基本的には先頭を走ります。向かい風、上り坂、どういう状態でもある程度の負荷をキープすることを心がけつつ走る。速度は見てなかったけれど、30キロ前後?でしょうかね。
平均ペースは30くらいになるように心がけてましたがいかがでしたでしょうかw
山王峠を回避して、平坦基調でひたすら飯能、入間、所沢と駆けていきます。
バイパスに戻ってきたあたり(所沢市内かな?)で、今度はるいさんがパンク。道路のわきの穴?
割れ目を踏んでしまったようです。道が悪いとこういうのが怖いですな。

クリンチャーだったのでチューブを交換し、タイヤは問題なさそうということで、すぐにリスタート。
みんなで走るとトラブルも深刻なものじゃなければ、笑いながら対処できて、思い出になる。
みんなで走るのって、楽しいなあ。
そこからは順調に帰路を流して、羽根倉橋、秋ヶ瀬と戻ってきました。
秋ヶ瀬公園でご褒美のコーラをるいさんに100円借りて飲みますw
残念ながら、るちるさんはドコモショップに行かなければならないとのことで、ここで先に帰宅。
るいさんとダラダラと荒川を流して帰り、戸田橋~志村坂上でるいさんともお別れ。
無事帰宅しました。夜が奥さんがお出かけだったので、子供たちとゆっくり過ごしました。

日曜日、体のあちらこちらが痛くて一日中だらけてましたwるちるさんは白石峠に行ったらしいww

お二人とも暑い中ご一緒していただきありがとうございました。
前半はあまり自転車にとって走りやすいルートではなかったかもしれませんが、改良ルート?を検討して、また是非行きましょう!

次は7月1日の富士55。ECUでのエンデューロ。家族も連れていくので、楽しく走れればと思います。
今週は遅番なので、夜ローラーできないので、極力朝のうちに回すようにしようと思います。
今日はBlog書いて時間切れだけどw

ターニップ出るときに下り坂で滑ってサドルの先にお尻を打ちつけたところが打ち身になってて痛い…これが一番痛いw 

2012年6月6日水曜日

富士ヒルクライム 本番編

洗濯物干してきたので本番編いきまーすw

さて、一睡もできてない状態に近い本番当日。肝心の天気は曇り。
本来は雨予報だったのですが、おそらく富士に集った選手たちの魂の炎が、
きっと雨を避けたのだろう。とは微塵も思わず、ダル重い体を引きずり会場へ。
むっちゃんが幸運にも北麓公園の駐車場を当てたので、そこでセッティング。
固定ローラーで順番にアップしたり、スタートまでの時間を過ごします。
アップするむっちゃん。さわやかな表情です。
僕のアップが終わり、空気圧をチェックすると・・・あれ? リアだけやたら低い。
試走前に7気圧まで上げてたはずが、5気圧切ってました。まさかのスローパンクか?
替えのタイヤは無い(チューブは持参してるけど)、出走時間ももうすぐ、ということで、
いたしかたなく、リアは通常より1気圧高い8気圧入れて、スタートに臨むことに。
まあ一時間半もってくれれば、上でエアを足せるし、下りはゆっくり下ればなんとかなる。

そのうちスタート時刻が迫ってきて、会場へ移動。むっちゃんだけ9001番、僕とシラキッシュは8000番台で、スタート位置が異なるためここでお別れ。
健闘を祈る握手をしてスタート場所へ並びます。よしさん、ぎっしーさんも8000番台と言っていたので、探してみますが姿が見えず。仕方ないので集団の真ん中あたりでスタート。

スタート前はこんな感じ。

スローパンクのせいで、良くも悪くも力が抜けてwダラダラしているところに、ECUのグッティーさん。
あれ? 第5ウェーブじゃなかったでしたっけ?と声をかけると、飲みすぎた! とさわやかな返事w
ECUメンツは雨予報を信じて夜中まで楽しいひと時を過ごされたそうですw

兎にも角にもそんな状態でスタート。計測開始地点まではグッティーさん、キッシュと進んでいき、
計測開始になったところで、グッティーさんは力強くダンシングして行ってしまいました。
僕も追いかけようかなと思いましたが、前半は緩くいくと決めていたので、自分の計画していたペースでじっくりと進んでいきます。

一合目まではとにかくシッティングメインで、サボりすぎず、しかし頑張らない程度で、淡々と上っていきます。しかし、どうもタイヤが重い。スローパンクが効いてるんでしょう。
一週間前の試走よりもギアが一枚くらい重く感じます。しかし泣き言いっても始まりませんから、
淡々と上っていきます。自分の呼吸を整えながら、脚をひたすら回し続けて一合目。
二合目を目指して少しペースアップ。二合目からが頑張りどころだと考えていたのと、ペースがかなりいい感じだったので、気合が入ってきました。
ほどなく二合目を超えて、ここからは緩斜面も増えます。よーしいくでいくで!と張りきりますが、
この辺からスローパンクが影響し始めます。

多分、平地を走るくらいなら平気なんでしょうが、トルクを掛け続ける状態だったからか、
ダンシングするとタイヤが異常に滑ります。ギュッ、ギュッとゴムがたわむ感じ。
シッティングも間違いなく、試走よりギア一枚くらい軽くしないとケイデンスが維持できません。
あーなんとかせな。と思うも、有効な解決策は見当たらないので、とりあえずシッティングはひたすら我慢の子になることにしました。
そして、4%切ったら踏む、と決めていたルールを変更。4%台も踏む。にw
これが結構しんどかった。ペースが全体的に早くなってしまうので、息が苦しい。脚よりも呼吸。
心拍数も上がって、これはヤバい! でも今ペース落としたらもう二度と上げられない!
と思いながら三合目を過ぎたあたり、彼はいました。

ゼッケン7039。いや、知らない人ですけど。僕よりも小柄でしたが、ケイデンスもペースも
僕と近い感じ。7000番台なのできっと早い人なんだろうけど、とりあえずこの人のペースに合わせて行ってみよう。と。
ひたすら後ろについて、クルクル回していきます。これが凄い楽だった。
10分くらいは後ろに着かせてもらったと思います。

ふいにゴフッ! と咳こみ始め、チラッ、チラッ、と後ろを気にしています。

「交代だ!」という合図か! と勝手に合点し、回復した脚でダンシングします。
先頭に出て、同じくらいのペースで今度は僕が引きます。
今までありがとうゼッケン7039番! 今度は俺が引くよ! 休んでくれ7039番!
と心の中で感謝しながら踏んでいき、ふと後ろを見ると、彼はいませんでしたw

ごめんよ7039番。もしかして僕が後ろについたせいでペースが乱れたのかもしれない。
本当にごめん7039番、ありがとう7039番、君のことは決して忘れない!
そんな思いも巡り、僕の闘争心に火がつきました。
はからずも一人の選手に無理をさせてしまったんだ。これは頑張らない理由がない。

ここからはもう必死。3%~4%は20kmh超えるようにひたすらゴリゴリ踏みます。
5%~7%くらいまでは必死に耐えます。インナーローより一枚上で耐えます。
8%超えたらインナーローでひたすら我慢。たまに下ハン握ってダンシング。遅いけど、
脚と上半身が楽になるので、そのまま緩斜面に差し掛かれば、シフトアップしてペースを上げます。
山岳賞区間も前半のゆるめの部分で頑張って勢いで登り、寒さで上半身にしびれを感じつつも、
ひたすら限界まで踏んでいきます。

フラット部分に差し掛かり、フロントをアウターに入れ、前を行く二台に連結してリアもシフトアップしていきます。トレインは4台に増え、5台に増えます。
僕も必死で踏みます。3%、4%、5%・・・斜度が上がっていきます。この時点でタイムは1時間28分。
まだいける! 間に合う! 頑張れ!

必死で踏んでいきますが、最後の7%越えの坂で、1時間30分を過ぎてしまいました。
一気に心がなえていきますが、それでも最後の力を振り絞って登ります。ぶっちゃけゴールも目の前だし、サボるか・・・とか思い出したところに「kanaさんがんばって!」の声。
右を見ると、kobassoさんが声をかけてくれていました。笑顔でうなずいて、最後の最後にもがきます。自転車にしがみつくような格好でゴール。前の人と接触しないようにペースを維持しながら、
ゴールを過ぎていきます。

自転車を立てかけていると、ほどなくしてよしさんが登頂。どうやら僕より後にスタートしたようで。
話しながら他のメンバーを待っていると、キッシュ、ぎっしーさん、むっちゃんも登頂成功。
既に登頂完了(なんと初参加で72分!)していたまたまるさんも交えて、みんなで記念撮影タイム。
登頂を喜ぶフェニックス。キッシュは置いておいてw むっちゃんが頑張った。初HC、実質初ロードで、1時間48分なら十分。膝のじん帯を切る手術を乗り越えて、まさに不死鳥のごとくであります。

タイムは結局1時間32分5秒。2分5秒足りてません。
試走の時の感じで、こっそり1時間25分を目指していたのですが、それもかなわずw
でも、昨年のような後悔はありません。ああすればもっとよかったかな、とういうようなたらればはありますが、 出し切った!と思っているので、後悔はない。
ただ、目標は達成できなかったので、また来年チャレンジしなければならないなと思いました。

行けるだけ富士にも他の山にも行って、もっと早くなりたい。山だけじゃなく、平地も早くなりたい。
そのためにできる限りのことをして、自転車にももっと乗りこんで、レベルを上げていけたらいい。
そういう思いを新たにしたイベントでした。 

ログはこちら。少し計測開始からボタンを押すまでにラグがあったので微妙に時間がおかしいですが。

富士ヒルクライム 前日編

もう週も半ばの水曜日。書かねば! 明日はECUの懇親会だし、あさっては金曜だ!
ということで、がーーーーーっといきます。がーーーっと。

ものっそい遅いけどとりあえず。前日編。


アウターがインナーに落ちない事件のシラキッシュがレンタカーを手配。
わたしとむっちゃんは我が家で待機というスケジュールで進めます。
疲れたので、金曜夜はもう準備せず、出発を一時間遅らせてもらって寝ました。シラキッシュめ。

で、出発の朝。

なんだこれやたら曇ってるwww エスティマの後ろに三台搭載して、リュックなどで隙間を埋めて、
出発です。 運転手はシラキッシュ。俺が運転と思ってましたが、面倒だったのでもう知らんw
お見送りのんこ。ばいばーい。って手を振ってくれました。
ドライビングシラキッシュ。ドラキッシュ。
そんなこんなな感じで永福あたりで事故渋滞に巻き込まれつつ、談合坂SAで昼ごはん。
あ、はい。惣菜買って車内で食べましたよ。混んでたんだもん。うまかった。
その後は問題なく河口湖ICで降りて、ドギーパークで駐車。
自転車を組んで受付に向かいました。俺のVENUS(むっちゃん仕様)とメテオランチ。
むっちゃんは初ロード、初ヒルクライムです。僕のVENUSを貸して挑みます。
そう、日曜の天気が微妙だったため、あわよくば土曜に登ってしまおう計画です。
受付を済ませてうろうろしようとすると「kanaさん!」と声をかけられる。

先日一緒に試走したヒデヲさんでした。既に試走も終わって、僕たちの本番はもう終わりました!
出し切りました! とすがすがしい顔をしていらした。ホントに翌日DNSしてましたw
その後、よしさん、またまるさんと合流、だべっているところでぎっしーさんも合流し、いっちょ登ってきますか~! と料金所へ。

200円を支払っていくと、試走の方が結構いらっしゃった。既に15時を回っていたので、
僕たちは行ける所まで行って早めに帰ろう、ということで、まずは一合目を目指します。
とりあえず試走もした、機材も贅沢。見かけ上はトレーニングも積んだ僕なので、抜かれないように必死で回しましたw やっぱり一合目までの坂は斜度高めでキツイ。
二合目もしんどいけど、スタートからの距離で言うとこの一合目までが一番しんどく感じます。
一合目で一旦休憩。僕、ぎっしーさん、キッシュ、むっちゃんの順で到着。
むっちゃんは結構しんどそう。これは本番大丈夫だろうか、と心配になりましたが、時間の余裕もあったので、二合目まで行きましょうと。
先にぎっしーさんとキッシュに行ってもらって、むっちゃんに、脚どうよ?と話しかけると、
今のところ大丈夫。という心強い?返事が。
なので、最初はゆっくりペース緩めで登り始めましたが、すぐについてこられなくなりそうな雰囲気だったので、
いっそ見えないほうが自分のペース作れていいだろうと僕もがしがし登っていきます。
途中で一度シラキッシュに追い付き、プレッシャーかけて先に行かせw
また追い付きます。今度は後ろに張り付いていって、二合目の看板が見えたところで、
一気に下ハン握ってスパート。あわよくば先行するぎっしーさんも抜こうと思いましたが、
ちょっとアタックが遅く、ぎっしーさんは先に二合目に到着。続いて僕、キッシュ、むっちゃんの順で二合目に到着しました。
そういや途中で止まったのは初めてだった。写真撮るのも初の二合目看板w
きっついわー、呟くむっちゃんと、涼しい顔のぎっしーさん。
その後は看板で記念撮影したりして、下山しました。撮影してもらってるむっちゃんをパチリ。
撮影するシラキッシュもパチリw
サングラスをかけ忘れて下山して目が真っ赤になりましたがw無事下山しました。
料金所でSUPERSIX EVOに乗ったよしさん、またまるさんに遭遇。ファンライドの試乗イベント?
だったそうです。EVO、二人とも高評価でしたねえ。僕も機会があれば乗ってみたい。

買わないけど。

で、下山続行したらキッシュの後輪がパンク。ブシューという音を立てて後輪がへこんでました。
チューブレスなのに、こんなパンクに遭遇するとか、本当にこの子は持ってる。
 
で、会場に戻るとECUの面々(タロウさん、グッティーさん、kobassoさん、はせさん、ゆうさん) と偶然遭遇。VENGEを拝むことができましたw
しばし皆さんと話しこんでから、パンクマンの様子をうかがいます。
 
ブースにTLタイヤが売ってなかったようなのですが、クリンチャータイヤ、チューブは売ってたらしい。

「クリンチャーでいけば?」と言う僕に沈黙シラキッシュ。

そこにぎっしーさん「僕、予備のTLタイヤ持ってきてるので、譲りましょうか?」

…神がおった。 貴重なFusion3を譲ってもらい、TLタイヤは入手。
まあ結局タイヤレバーも何も持参してなかった&交換方法もそもそも知らないので、
僕が真っ暗な駐車場で交換したんですけどね・・・w

時系列が前後しますが、試走の後は、みんなでブースを回って、ニールプライドブースで、
形は似てるけど重さが段違いのよしさんのバイクとALIZEを並べてみたり、
なんか適当に色々回ってたような気がしますが正直あんまり記憶がありませんw
試走で疲れたっぽい。どうも体調が芳しくなく、試走も凄いきつかったし、その後もフラフラしてました。

ともあれ、宿のチェックイン時刻も近付いてきたので、一旦よしさん、またまるさんとはお別れし、
フェニックス&ぎっしーさんは宿に移動。

みんなで有名な小作のほうとうを食す。
豚肉ほうとうを食べました。うまかった。その後みんなでものっそい熱い温泉につかり、宿へ戻り、酒飲んで就寝。
・・・毛布がチクチクして眠れなかったw

ということで、ほとんど疲れも抜けぬまま本番の朝を迎えたのでした。

2012年6月4日月曜日

富士試走~シラキッシュ地獄編~

大して広がらず、面白い話でもないので三行で。

整備不良 FD動かず アウター縛り
太もも攣って、3時間20分
本番ではDuraのFD付けてGO

本番の話はまた明日にでも書きます。どうもまだ疲れが抜けてなくて…。

タイムですが、1時間32分5秒でした。去年に比べると、

去年:1時間44分6秒
今年:1時間32分5秒

ですから、12分の短縮です。良く頑張った!! 目標達成してないけど!

ということで詳細は明日にでもまた。